TEL

思春期の成長(小児期にFMSを発達させ、その後思春期にSSSを開発させることが理想的とされている) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > トレーニング > 思春期の成長(小児期にFMSを発達させ、その後思春期にSSSを開発させることが理想的とされている)

思春期の成長(小児期にFMSを発達させ、その後思春期にSSSを開発させることが理想的とされている)

2018.11.11 | Category: トレーニング

子ども、思春期の若者に必要とされるFMS要素

子どもたちや思春期の若者が成長するにつれて、集団競技への参加など、より複雑で要求の厳しい身体活動を行うためには、さらに広範囲のFMSが必要になります。

 

体力を維持し、傷害リスクを低減するためには、FMSと競技活動との関係を促進することがきわめて重要になり、INTにより、子どもたちがより難度が高く競技特異的なスキル(SSS:sport-specifific skill)に進む前に、FMSに自信をもち十分な能力を発揮できるようにする必要があります

 

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

神経筋トレーニングと思春期

専門職は、若年アスリートがFMSの正確で強固なパフォーマンスを実演できるようになってから、より複雑だが安全な神経筋トレーニング課題へと適切に漸進させることにより、さらにスキルを蓄積できます。

 

FMSとSSSの能力を開発する年齢は、それぞれの子どもが前段階のエクササイズを実演できる能力によって一定ではありません。

 

まず、小児期にFMSを発達させ、その後思春期にSSSを開発させることが理想的とされています。

 

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

 

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47