TEL

青少年に推奨される統合的神経筋トレーニング(成熟レベル、トレーニング年数、技術的な能力、個々の神経筋系の欠陥、これまでに練習したスポーツ活動、性別、遺伝、意欲などが含まれる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 運動生理学 > 青少年に推奨される統合的神経筋トレーニング(成熟レベル、トレーニング年数、技術的な能力、個々の神経筋系の欠陥、これまでに練習したスポーツ活動、性別、遺伝、意欲などが含まれる)

青少年に推奨される統合的神経筋トレーニング(成熟レベル、トレーニング年数、技術的な能力、個々の神経筋系の欠陥、これまでに練習したスポーツ活動、性別、遺伝、意欲などが含まれる)

2018.11.04 | Category: 運動生理学

神経筋トレーニングプログラム

神経筋トレーニングプログラムは、多くの要因を考慮に入れるために、各アスリートに併せて個別に計画すべきです。

 

それらの要素には、成熟レベル、トレーニング年数、技術的な能力、個々の神経筋系の欠陥、これまでに練習したスポーツ活動、性別、遺伝、意欲などが含まれます。

 

青年期までの安全かつ有効で、楽しいINTへの参加を実現するには、有資格者の専門職による指導と監督が不可欠になります。

 

より高強度のエクササイズバリエーションや関連種目に進む前に、各アスリートが基礎的運動を確実に習得することも極めて有用になります。

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

エクササイズの強度の漸進を考える

アスリートはプログラムの時間や仲間のパフォーマンスに基づいてエクササイズの強度を漸進させるのではなく、あくまでもアスリート自身の技術的能力のみに基づいて漸進させるべきです。

 

したがって、トレーニングの漸進は各クライアントの能力によって制限され、最初に前段階のエクササイズにおいて、完全で一貫性のあるテクニックを示す必要があります。

 

例えば、ドロップバーティカルジャンプ(ボックスから飛び降りて直ちに全力で垂直跳びを行う)などの高い衝撃を伴う活動を行う前に、基礎的運動スキルが必要になります。

 

このエクササイズは、青少年期の傷害発生を減らすためのパワーのテクニックを向上させる優れたプライオメトリックトレーニングとして推奨されています。

 

それよりも低いレベルのエクササイズ(スクワットジャンプやホップなど)の基礎的な着地能力を最小に獲得していなければ、アスリートにドロップバーティカルジャンプなどの進んだエクササイズを行うよう指導してはなりません。

 

あまりに早く高いレベルの課題を行うと、結果的に、不正確な運動法(着地時の動的外反など)が身につき、潜在的に危険な衝撃の吸収が生じて傷害を負う危険性が高くなります。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47