TEL

スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > トレーニング > スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる)

スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる)

2018.07.22 | Category: トレーニング

スポーツ傷害とバランス能力

多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こります。

 

発表されている複数の調査から、バランストレーニングによる介入を通して、傷害と傷害リスク因子が減少したこと、また競技パフォーマンスが向上したことが明らかになっています。

 

したがって、成長期に固有感覚の強固な基礎を築くことは、競技選手としての長期的な成功と健康の促進にきわめて重要になります。

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

下肢の動的安定性のトレーニング目標

下肢の動的安定性のトレーニング目標を定めて提案されたエクササイズ中は、体幹-股関節-膝関節-足関節複合体の正しい屈曲に関する指導とフィードバックに重点を置くことが重要になります。

 

それらは、ハムストリングスの同時活性化と、あまり動的ではない外反に関連があります。

 

これらの2つの神経筋適応は、前十字靭帯の傷害に結びつくリスク因子を減少させると考えられています。

 

修正トレーニングは、アスリートが正しい自動的運動を行うことを助け、その結果、最大限に爆発的な活動を行うことができるように、同時活性化から外反への制御へスムーズに移行できるようにします。

 

正しい運動メカニクスと活性化の練習は、改善された動作法をもたらし、それがスポーツのシナリオに一層自動的に転移するとされています。

 

さらに、このようなトレーニングは、ジャンプや着地などの動的な課題における安定性を改善できます。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47