MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 動的安定性とフィードフォワードコントロール(着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されている)

ブログ記事

動的安定性とフィードフォワードコントロール(着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されている)

2018.05.27 | Category: トレーニング

フィードフォワードコントロールと動的安定性

研究によると、着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されています。

 

スポーツの状況でのフィードフォワードコントロールメカニズムの改善を目標として、トレーニングプログラムには、多様でバラエティに富んだ予測不可能な活動や状況を取り入れた漸進的課題を導入すべきでありとされています。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

下肢の動的な安定性をトレーニングする際の原理

動的安定性をトレーニングする実践的適用の漸進例
静的バランス→動的バランス→動的安定性
低振幅運動→高振幅運動
目を開ける→目を閉じる
裸足→運動靴→競技用シューズ
様々な種類の動揺:不安定なサーフェス、操作または物体のコントロール、対戦、振動
外部負荷なし→あり
遅い→速い伸張→短縮サイクル
認知的負荷/意志決定なし→あり
予測可能な活動→予測不能な活動
疲労なし→あり

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47


ページトップ