MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

ブログ記事

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

2018.06.03 | Category: トレーニング

捻りの動作

アスリートの能力により困難なエクササイズは、回旋、加速と減速の運動になります。

 

他方、これらの動きは、脊椎損傷の原因になることもあり、また大抵のスポーツでみられる特徴でもあります。

 

これらの理由から、青少年アスリートは、捻りの動作を限定的な負荷と可動域の下で、ニュートラルな姿勢を保持し、ブレーシングを使って脊椎周り引き締めて行うべきとされています。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

スポーツ活動における運動パターンの学習

提案された漸進は青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こります。

 

さらに、安定トレーニングや不安定トレーニングは、コア(体幹)トレーニングプログラムの漸進の中に組み込むべきではなく、不安定コアエクササイズ(BOSUやスタビリティボールを使ったプランクエクササイズなど)は、安定したサーフェス上で動作を行うのに比べ、不安定性が筋神経系により大きなストレスを与え、コアの筋群の活性化をより増大させます。

 

しかし、不安定なサーフェス(BOSUなど)を含むコアエクササイズは、青少年の運動に必要な力やパワーそして関節可動域を抑制することもありえます。

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47


ページトップ