TEL

青少年アスリートのコーディネーション能力とは(空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 青少年トレーニング > 青少年アスリートのコーディネーション能力とは(空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になる)

青少年アスリートのコーディネーション能力とは(空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になる)

2018.12.30 | Category: 青少年トレーニング

青少年におけるコーディネーション能力の発達

青少年におけるコーディネーション能力の発達に関して、研究により、多種多様なコーディネーションの分類が提供されています。

 

特に、Meinel&Schnabel’sによるコーディネーションの分類は、適切なコーディネーション能力の包括的なリストを提供しています。

 

すなわち、空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になります。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

コーディネーション能力の定義

空間-時間の定位時間や空間内で、身体と身体部位の位置関係を認識する能力
反応聴覚や視覚、運動による刺激に対して素早く反応する能力
リズム筋パフォーマンスを空間や時間に関して順序よく組織的に構成する能力
運動の識別目的にあった運動を正確かつ効率的に遂行するために、動作の運動学的また動的な特徴を感じ理解する能力
バランス身体と身体部位を相対的に安定した位置に保つ能力
適応または運動変換新しい、または変化する環境状況を比較したり予測したりすることにより、動きを切り替える能力
運動または結合動作動作の目的を維持しながら部分的な動作を全体動作を関連付けて強調する能力

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009