MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 青少年のレジスタンストレーニングプログラム(レジスタンストレーニングに関連して起こる傷害は、主として、監督の不在による不十分なエクササイズテクニックや不適切なトレーニング負荷の利用が原因になる)

ブログ記事

青少年のレジスタンストレーニングプログラム(レジスタンストレーニングに関連して起こる傷害は、主として、監督の不在による不十分なエクササイズテクニックや不適切なトレーニング負荷の利用が原因になる)

2018.06.24 | Category: トレーニング

青少年と筋力

筋力

科学的な研究が提供するエビデンスによると、青少年のレジスタンストレーニングプログラムは、資格のある専門職が適切に指導している場合には多くの利益をもたらし、傷害のリスクもきわめて低くなります。

 

スポーツ関連の傷害や身体活動関連の傷害のリスクが低いことを別としても、適切に計画されたレジスタンストレーニングプログラムは、子どもや思春期の若者の筋力、発揮パワー、筋持久力、運動とコーディネーション能力、骨密度、身体組成、インスリン感受性、スポーツパフォーマンス、自信、自己イメージなどを改善します。

適切に計画された期分け筋力トレーニングプログラムに組み込むには(CTを実行する際は、アスリートのテクニックとパワーが代謝性疲労の影響を受けないようにしなくてはならない)

レジスタンストレーニングに関連して起こる傷害

レジスタンストレーニングに関連して起こる傷害は、主として、監督の不在による不十分なエクササイズテクニックや不適切なトレーニング負荷の利用が原因になります。

 

これらの理由から、有資格の専門職による監督は、青少年主体のレジスタンストレーニングプログラムにとって必須条件になります。

 

さらに、資格をもったインストラクターからの指導がなければ、アスリートはテクニックを向上させるために必要な修正フィードバックを受けることができないため、そのようなアスリートが介入なしで、不適切で最善とはいえないテクニックを続けていると、将来、そのようなテクニックや習慣を修正することはさらに難しくなります。

筋力およびパワーと速度との関係(最大走速度には大きな力発揮が必要とされることは広く認められており、そのため筋力およびパワートレーニングは、走速度を向上させる手段として推奨される)

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009


ページトップ