MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

ブログ記事

男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

2018.08.12 | Category: トレーニング

筋力の発達

男女の筋力の発達

筋力の発達は、男女とも、あらゆる成長段階における優先事項として推奨されています。

 

先行研究によると、筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされています。

 

さらに、筋力は基礎的運動能力の成功要因のひとつであることも明らかになっています。

 

筋力トレーニングの方法論としては、まず、エクササイズの正しいやり方(動作のコントロール、適切な呼吸法など)と、トレーニング機器に関する安全教育を確実に行う必要があります。

筋力およびパワーと速度との関係(最大走速度には大きな力発揮が必要とされることは広く認められており、そのため筋力およびパワートレーニングは、走速度を向上させる手段として推奨される)

エクササイズの安全性を促進するためには

外部負荷を用いるエクササイズを行う場合には、安全性を促進するために、姿勢のコントロール(コア:体幹と下肢の姿勢と安定性)とリフティングテクニックに特別な注意を払う必要があります。

 

すべてのセッションは神経筋の動的ウォームアップ(すなわちコーディネーションの向上と動的ストレッチングエクササイズ)から始め、適切なクールダウン(動的な低速のストレッチングエクササイズ)で終えなければなりません。

 

トレーニングセッションの主要部分は、トレーニングの小児運動科学の原理に基づいた漸進性、多様性、特異性の適用を考慮した筋力トレーニングを導入します。

 

青少年の高い神経可塑性により、トレーニングプログラムには、多種多様な運動スキル(上半身と下半身、一側性と両側性、押す引くなどの筋力エクササイズ)を取り入れることが必要になります。

適切に計画された期分け筋力トレーニングプログラムに組み込むには(CTを実行する際は、アスリートのテクニックとパワーが代謝性疲労の影響を受けないようにしなくてはならない)

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009


ページトップ