MENU TEL

ホーム > Blog > スピード&アジリティ > 青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

ブログ記事

青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

2018.08.26 | Category: スピード&アジリティ

青少年におけるスピード&アジリティトレーニング

スピード&アジリティのトレーニングは青少年の神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとみなされます。

 

スピードの定義は時間に対する位置の変化率に関係があり、ストライド長とストライド頻度の積に起因します。

サッカー選手のアジリティテスト(アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになる)

アジリティの多因子の概念

スピードは、状況に左右される競技場面においてアジリティはさらに多因子の概念であり、刺激に応えて方向を変える際の急速な全身運動を行なう能力と定義されます。

 

この定義はアジリティを方向転換の能力や筋力とパワーなどの身体特性と関連付けます。

 

さらに、これらの能力に加えて、急激な減速もアジリティや多方向運動トレーニングと密接に結びついている必須のスキルと定義されます。

 

特に、状況(対戦者、チームメイトボールそしてプレーするフィールドなど)が絶え間なく変化するスポーツにおいては、アジリティには、視覚による読み取りのテクニックや予測などの認知的要素の発達も含まれます。

 

さらに、適切に方向を変える能力は意志決定プロセスなどの、他の認知的、知覚的な能力にも関係があります。

アジリティの定義(アジリティとは本質的に多くの因子が関与するものであり、主としてテクニック、身体、および知覚の3つの要素でなりたっている)

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009


ページトップ