TEL

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > トレーニング > 青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

2019.03.03 | Category: トレーニング

青少年のスピードトレーニング

スピードの向上を図るには

スピードの向上に関しては、8~18歳の男性を対象として、スプリントタイムの様々なトレーニング方法が研究されています。

 

その結果、身長発育速度(Peak height velocity)がピーク前または中程度の参加者では、プライオメトリックトレーニングがスプリントタイムに対する効果が最も大きく、一方、身長発育速度がピークを過ぎた参加者では、統合的なトレーニング方法(スプリントとプライオメトリックスと筋力トレーニング)が最も効率的であったことが示されています。

 

しかし、著者は、これらの分野では知識が限られているため、様々なトレーニング方法の効果を定量化することは難しいと示唆しています。

スプリントスピードとは(スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力、すなわち伸張-短縮サイクルをうまく利用して、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力によって原則的に支配されている)

青少年のスピードトレーニング

科学的な研究に基づくと、スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要があります。

 

これは、A-スキップ、B-スキップ、ハイニー、アンクルクワッドグラブズなどの特異的な動的ドリルを通して達成することができます。

 

機能的可動性はランニングフォームを改善するために検討すべきもうひとつの要素であり、特に足関節と股関節の可動性が重要になります。

 

青少年のランニングの運動学が向上するにつれて、パワーや筋力、さらにスプリントに特異的なトレーニングの向上に焦点を合わせことができます。

 

青少年の古典的なスプリントトレーニングは、受動的回復を伴う直線スプリント(5~30m程度)で構成されており、レジスティッドスプリント(上り坂のスプリントやウェイトスレッドを使ったスプリントなど)やアシスティッドスプリント(下り坂ランニングのような超最大またオーバースピードのランニングなど)のトレーニングをはじめ、青少年の他の種類の特異的スプリントトレーニングの研究も行われていました。

 

それにもかかわらず、大多数のスポーツで素早く多方向の運動が要求されるため、直線スプリントよりもむしろアジリティトレーニング(方向転換を伴うスピードのトレーニング)を強調することが重要になります。

ストライド頻度とストライド時間(ストライド頻度はストライド時間の影響を直に受け、そしてストライド時間は遊脚時間(滞空時間)および接地時間(立脚時間)の影響を受ける)

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009