TEL

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > トレーニング > スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

2019.01.13 | Category: トレーニング

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性

スポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵

チームスポーツやラケットスポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵は、高強度の運動を反復する能力を発達させることですが、それは疲労のマイナス効果を減じるために、神経筋系と心肺系の効率を高めることによって初めて達成できます。

 

この能力は、パフォーマンスの向上だけではなく、傷害予防にも重要な役割を果たします。

 

神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされています。

 

最近、高強度インターバルトレーニング(HIIT:high intensity interval training)が青少年や成人のアスリートの心肺系や代謝系および神経筋の能力向上を図る、最も効果的でよく用いられる方法となっています。

 

HIITは、トレーニングを積むことで、高強度の能力向上を反復する能力を改善するための基礎となります。

高強度インターバルトレーニングとリン酸ローディングによる持久的能力の向上(最大酸素摂取量(VO2max)、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間の改善)

HIITの方法

HIITの方法は、短時間から長時間の高強度エクササイズを積極的または消極的な休息時間を挟んで行います。

 

短いインターバルを用いた古典的なHIIT(例えば、15秒の高強度エクササイズ-30秒の積極的回復)、反復スプリントトレーニング(RST:repeated sprint training)(例えば30秒×10セットで30秒の回復を挟む)、あるいはスモールサイドゲーム(SSG:small side games)(例えば、3対3でハーフコートで行なう3分×5セットとのバスケットボール)になります。

 

機能的方法と関連づけて、直線スプリントを反復スプリント能力(RSA:repeated sprint ability)を高めるために行なうこともできます。

 

チームスポーツで領域では、高強度トレーニングを行なう際には方向転換課題を用いる必要があります。

 

適応の特異性は、与えられた刺激の種類によって決まるからです。

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009