MENU TEL

ホーム > Blog > 有酸素運動 > 疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

ブログ記事

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

2018.08.19 | Category: 有酸素運動

疲労耐性に対する効果

疲労耐性に対する効果と手法に関する最新のエビデンスを前提とすると、全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。

 

最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。

 

アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素性能力と技術的スキルを高めるために、高強度のSSGにより大きな重点を置くことができます。

高強度インターバルトレーニングとリン酸ローディングによる持久的能力の向上(最大酸素摂取量(VO2max)、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間の改善)

特異的なスポーツパフォーマンス

若年アスリートが特異的なスポーツスキルのパフォーマンスを追求するのに十分な能力レベルまで進んだら、SSGと従来のHIITを組み合わせたトレーニングが推奨されます。

 

動的安定性、筋力、プライオメトリックス、コーディネーション、スピード&アジリティ、および疲労耐性がトレーニングの必須要素になります。

 

その目標は、傷害に対する抵抗性を高め、青少年集団の競技パフォーマンスと運動パフォーマンスの能力を高めることになります。

 

青少年のためのINTでは、最初に、FMS能力を育成することによって重要な土台を形成し、次にそれらの基礎的スキルの上に、競技特異的なスキルセットを形成しなければなりません。

 

適切に計画されたINTプログラムの鍵となるのは、これらのすべての要素を個々のアスリートに合わせた様式に統合すること、そして最適な運動メカニズムを獲得し、保持し続けるよう若年アスリートを動機づけるために、楽しく参加できるトレーニングを立案し実施することです。

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009

 


ページトップ