MENU TEL

ホーム > Blog > スタッフブログ > 有痛性分裂膝蓋骨(peinful patella partita)

ブログ記事

有痛性分裂膝蓋骨(peinful patella partita)

2018.07.31 | Category: スタッフブログ

膝蓋骨は通常一個の骨化核から発生します。ときに2個以上の骨化核が成長期に癒合せずに遺残してX

 

線像で分裂しているように見えることがあり、これを分裂膝蓋骨と呼びます。多くは症状はなく治療の

 

必要はありません(無痛性)。有痛性で、スポーツや日常生活で分裂部に過度の牽引力が反復して作用

 

した場合に疼痛をきたすことがあります。

症状

大体は症状が発症して分裂膝蓋骨だと分かることがほとんどです。走ったり、ジャンプ時に膝前面痛みを

 

感じます。膝蓋骨の分裂部に一致して著明な圧痛がみられます。多くは膝蓋骨の上外方(SaupeⅡ型)にみ

 

られることが多く、これは大腿四頭筋の外側広筋の付着部で、この筋の牽引によるものだといわれています。

サッカー治療におけるスポーツ障害の機能解剖と評価・膝関節

治療

基本は症状が治まるまで安静で保存療法を行います。難治例では骨癒合を促進させたり、摘出を行うこと

 

もあります。大腿四頭筋と膝関節にかかわる筋のストレッチなどで膝蓋骨の分裂部に負担をかけないようする

 

ことや膝の使い方や水分補給など日常生活でも予防できることを行いましょう。

足部回内におけるスクワットトレーニング(前ならびに後脛骨筋の筋活動を全身の他の部位における動作スピードと合わせるために、この両筋群を特に強化した後に協働させる必要がある)

 

清田恵

 

引用元:病気がみえるVOL11運動器・整形外科P180

ページトップ