MENU TEL

ホーム > Blog > スタッフブログ > 外反母趾(hallux valgus)

ブログ記事

外反母趾(hallux valgus)

2018.08.20 | Category: スタッフブログ

拇趾が付け根(拇趾MTP関節部)で「く」の字に曲がり外反変形をきたすもので、特に女性に好発します。

 

靴によって圧迫されると突出部には滑液包炎や神経の絞扼が生じて疼痛を引き起こし、荷重が第2,3中足骨頭にかかるために、足底に有痛性のたこ(胼胝)がみられることもあります。

要因

  • ・幅が広くつま先が細い靴
  • ・かかとが高い靴
  • ・拇趾が第2趾よりも長い(エジプト型の足)
  • ・扁平足
  • ・関節リウマチ など

拇趾のMTP関節部の疼痛

  • ・突出した第1趾中足骨頭が靴により圧迫されて疼痛が生じます。
  • ・進行すると靴を履かなくても痛みを生じるようになります。

扁平足障害(過回内足障害)と内側縦アーチ

施術

変形は見た目に明らかで、痛みの程度が問題になり、母指の飛び出しを指で押すと痛む、靴を履いたときに痛む、靴を脱いでも痛むなど、変形が進行し疼痛が強い例には手術療法に移行することもあります。

 

保存療法として施術と生活指導、靴や外反母趾の原因の改善をしていきます。

 

外反母趾を伴う足は殆んどがアーチの低下した扁平足や横幅の広い開帳足となっています。生活指導、母趾の体操、可動域訓練などがあります。

 

このアーチ構造の破綻が外反母趾の最大要因であると言われていて、このアーチを矯正してあげることが施術において最も重要なことです。

 

ハイヒール、足先のとがった靴は外反母趾を助長します。母趾の付け根がゆったりしすぎる靴では第1中足骨頭が内反し、外反母趾がかえって悪化する原因となりえます。

 

アーチ構造の低下のため足底痛が出る場合には、足底板を挿入することで疼痛の軽減を図ったり、アーチの改善としてストレッチや歩行時の重心のかけ方や膝・股関節のねじれ、さらに猫背や姿勢も外反母趾には大きく影響するため全身からアプローチすることも重要で予防、再発防止につながります。

過回内:Hyperpronation,overprona-tionが身体に与える影響(足部回内の下肢キネティックチェーンへの影響は、トレーニングや競技、機能的な動作の妨げとなり、この足部アーチの変化はアーチの変化はアーチサポートを減衰させ、脛骨の内旋をもたらす)

清田恵

 

引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科P209

ページトップ