TEL

モートン病 | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 足部疾患 > モートン病

モートン病

2019.02.15 | Category: 足部疾患

モートン病

モートン病は、歩きすぎた後などに生じることがあり、特にきつめの靴を履いた時や、裸足で歩いて指が反り返った時や、コードを踏んだ時などに痛みが出たり、趾神経が深横中足靭帯により絞扼を受けて生じる絞扼性神経障害です。

 

20~50歳代の女性に好発します。

 

個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)に好発しやすく、しびれや、疼痛、灼熱痛などのさまざまな神経症状が出現します。

 

第3.4趾間の趾神経は、内・外足底神経が吻合していて、横径が太く可動性が小さいため、絞扼されやすいからです。

 

前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。

 

障害される部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。

 

また、痛みは強いことも少なくなく、時には、下腿まで及ぶことがあります。

原因

つま先側が細いハイヒールやスポーツシューズなどを長時間、日常的に履き続けることで発症してしまうといわれています。

 

中腰での作業、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。

 

生活様式などによるMP関節付近への負荷の増加が原因となります。

 

槌趾変形(マレット指)がある場合にも同様な姿勢で生じやすくなります。

足底の感度適応の重要性(足底面には感覚受容器が密集しているためにベアフット運動を増やすことによる感度適応が、ベアフットランニングプログラムへの移行の最初の要素になる)

症状

狭い靴を履くと疼痛が表れ、趾間の感覚障害、中足骨骨頭間の足底側に圧痛、歩行時痛、強制背屈時痛などがみられます。

 

「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状や、しびれや、幹部に塊があるような違和感を覚えることもあります。

 

趾神経が繰り返し絞扼を受けると、変形・肥厚し偽性神経腫(モートン神経腫)が形成されます。

治療

保存療法として、ストレッチ、運動時のストレスの軽減のため履物の調整として足に合った靴に買い替えインソールや足底装具の装用などをおこなうことが大切です。

 

偽性神経腫などで、保存療法の無効な場合、手術療法がおこなわれることもあります。

 

足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

 

引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P298、標準整形外科第8版P581

 

清田恵