TEL

アキレス腱障害と伸張性トレーニング(腱の疼痛知覚を低下、細胞間情報伝達を通じてコラーゲン沈着、基質成分回復を促がし治癒を向上させる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > アキレス腱障害の記事一覧

アキレス腱障害と伸張性トレーニング(腱の疼痛知覚を低下、細胞間情報伝達を通じてコラーゲン沈着、基質成分回復を促がし治癒を向上させる)

2015.06.12 | Category: アキレス腱障害,リハビリテーション

 

アキレス腱障害と伸張性トレーニング

Nuremberg’s Dominic Maroh holds his calf after the final whistle during the German Bundesliga match between FSV Mainz and FC Nuremberg at Coface Arena in Mainz, Germany, 10 March 2012. Mainz won 2-1. Photo: Fredrik Von Erichsen (ATTENTION: EMBARGO CONDITIONS! The DFL permits the further utilisation of the pictures in IPTV, mobile services and other new technologies only no earlier than two hours after the end of the match. The publication and further utilisation in the internet during the match is restricted to 15 pictures per match only.)

アキレス腱障害原因

アキレス腱障害はオーバーユースを原因とする変性過程であり、炎症細胞は存在しませんが、コラーゲン線維構造が変化することによって腱が負荷パターンの変化に対応しきれなくなります

 

コラーゲン線維の損失に加えて線維の架橋結合も失われるために、腱の強度が低下します。

 

さらに、腱は血液の供給が限られているコラーゲン構造であるために、代謝率が悪く治癒反応が低下します。

 

原因として、加齢、血液供給の低下、柔軟性の低下、筋のアンバランス、下腿後部の短縮性および伸張性筋力の低下、筋骨格のアライメント異常、誤ったトレーニングなども病因として挙げられます。

 

レジスタンストレーニングの障害予防・機能解剖学的観点(反復回数8~12回のトレーニングを行う方が結合組織の大きさ、太さ、強度を増大させる)

(さらに…)