MENU TEL

ホーム > Blog > 慢性疼痛の記事一覧

慢性疼痛の記事一覧

肩の疾患② 五十肩(凍結肩)

2018.09.18 | Category: スタッフブログ,慢性疼痛

 

明らかな原因がなく肩の疼痛と可動域制限が生じる疾患で肩関節の構造物の退行変性によって発症するといわれ、肩関節周囲炎、癒着性関節包炎ともよばれます。

症状・所見

五十肩は、肩の疼痛と可動域制限が主症状で、可動域制限は急性期は痛みと筋の痙縮のため、慢性期は拘縮のために生じます。

①肩の疼痛(主に急性期)

・肩から腕にかけての運動時痛

 

・安静時痛や夜間時痛も出現

 

・夜間痛は患側を下にしたときの側臥位痛、寝返りの時の疼痛が特徴的です。

 

・疼痛を和らげるため肩関節を内転・内旋位の姿位に保持します。。

②日常生活動作困難

・衣服の着脱や結髪、結帯(上肢を後方へ回す動作)など様々な日常生活が困難になる。

 

画像検査では異常はみられず、このように症状や検査をして肩の特別疾患を除外したうえで、明らかな疾患がない(突発性)として五十肩と診断します。

 

自動運動、他動運動共に可動域制限と運動時痛、肩の前方を中心とした圧痛がみられます。

 

急性および慢性の肩関節傷害のリスク因子(RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動性の低下などが挙げられる)

(さらに…)

肩の疾患① 石灰性腱炎 (石灰沈着性腱板炎-Calcific tendinitis)

2018.09.15 | Category: スタッフブログ,慢性疼痛

 

石灰性腱炎は夜などに突然肩関節部の疼痛で始まる事が多く、痛みで睡眠が妨げられる、上肢を動かすことが出来なくなる、などの症状がみられます

 

40~50歳代の女性に多くみられ、五十肩のような慢性的な症状とは違い、発作的に痛みが出るのが特徴です。

 

石灰性腱炎は腱板に石灰(リン酸カルシウム)が沈着することにより急性炎症を引き起こすもので、腱板の変性や繊維軟骨化が生じ、カルシウムが沈着することが原因と考えられています。

 

石灰は白色で液状~泥状~粉末状(固体)変化していき、石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきて腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。

腱板とは

肩関節を囲む4つの腱(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の腱)からなる構造で、肩関節を取り囲んみ補強している構造で、これら4つの筋は肩甲骨と上腕骨を連結して、主に肩関節の回旋運動に働いています。

 

腱板は肩関節の周囲を袖口(cuff)のように取り囲んでいる様子からローテーターカフ(rotator cuff)ともいいます

 

肩関節スポーツ障害・代表的疾患と治療法

症状と治療

急性期

疼痛が最も強い時期で運動時痛のほか、安静時痛、夜間痛も出現しうる。

【日常生活指導】

・患部の安静(動きが最小限ですむよう、着衣時は先に患側の上肢を袖に通す様にすなど)

 

・患部の保温

 

・夜間痛などに対しては就寝時の良肢位

 

・疼痛のない範囲での運動療法

慢性期

拘縮が中心となり、すべての方向に可動域制限がみられ(特に外転、外旋、内旋で顕著)疼痛は軽快に向かいます。

【日常生活】

・軽い疼痛を伴う程度の積極的な患肢の使用

 

・患部の保温

 

・積極的は可動域訓練(運動療法)

 

・ストレッチを中心に運動療法をおこなう

 

急性期では主に除痛、可動域の維持、慢性期、回復期では拘縮の解除、可動域の改善を目的とします。

 

治療は保存料法が基本となり、早期の治療が早期の回復につながります。

 

野球肩、野球肘における肩甲上腕関節周囲の軟部組織の適応

引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科P109、115

 

清田恵

 

青少年の慢性疼痛治療に修正した神経筋トレーニングを役立てることは可能か?(慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義される)

2016.07.27 | Category: 慢性疼痛,運動生理学

青少年における慢性疼痛に対する神経筋トレーニングアプローチ

慢性的な筋骨格系の痛みを訴える青少年

慢性的な筋骨格系の痛みを訴える青少年の多くは、身体活動で疼痛が再燃する苦痛や不安のために、非活動的な生活を送っています。

 

慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義され、患者数はアメリカで推定約1億人にのぼるにもかかわらず、見過ごされている公衆衛生問題になります。

 

慢性疼痛の有病率は、心疾患、糖尿病、がんを合わせたもより多く、その治療費は毎年6,350億ドルの経済的負担となっています。

 

慢性疼痛に苦しんでいるのは、成人に限らず、子どもや思春期の若者の間でも有病率は20~30%と、驚くほど一般的な問題となっています。

 

小児の慢性疼痛は、がん、鎌状赤血球貧血、若年性関節炎などの疾患に関連している場合は、原因がはっきりと特定できることもあります。

 

しかし、頭痛、腹痛、筋骨格痛など、青少年によくみられる慢性疼痛の多くは、はっきりとした医学的説明がつかず、そのため医療従事者にとっては診断や治療上の大きな困難に、また、患者や家族にとっては大きな悩みの種になります。

 

これら慢性、非悪性の疼痛症候群は、しばしば生活に深刻な支障を生じさせ、日常生活機能の多くの領域に影響を及ぼします。

 

例えば、慢性疼痛を有する青少年は通常、生活の質(QOL)が大幅に低下し、身体活動や社会活動に支障をきたし、学校を欠席しがちになり、抑うつ、不安、および精神的苦痛のレベルが上昇します。

 

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

(さらに…)

青少年の線維筋痛症患者の神経筋トレーニング(筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し(ストライド長の短縮)、また、バイオメカニクス的機能が低下する(下肢の筋力と姿勢制御の低下)傾向にある)

2016.07.26 | Category: 慢性疼痛

青少年の線維筋痛症においての神経筋トレーニング

筋骨格系痛を有する青少年

筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し(ストライド長の短縮)、また、バイオメカニクス的機能が低下する(下肢の筋力と姿勢制御の低下)傾向にあり、そのため、エクササイズによる受傷や疼痛悪化を起こしやすいと考えられています。

 

例えば、若年性突発性関節炎の患者は、対照群に比べてデプスジャンプの着地に変化がみられますが、このようなバイオメカニクス的機能の低下は、障害悪化の予測因子であることが明らかになっています。

 

さらに、線維筋痛症を有する青少年は、活動的な青少年と比べて、膝関節伸展、膝関節屈曲、および股関節外転の筋力と動的安定性が低いという結果がでています。

 

したがって、慢性疼痛を有する線維筋痛症患者に適した介入をデザインするにあたっては、疼痛の再燃リスクを抑えながらも、基本的動作と筋力向上の指導に特化した要素を組み込む必要があります。

 

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

(さらに…)

下肢における筋挫傷および慢性障害予防(障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善、さらに適切なアライメントには、骨盤周囲の体幹筋群の安定性が重要になる)

2015.09.15 | Category: リハビリテーション,慢性疼痛

下肢の慢性障害予防ハムストリングなど

柔軟性と骨盤周囲の安定の重要性

下肢の筋挫傷(肉離れ)やオーバーユースによる慢性障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善が求められます

 

下肢筋群の中でも、大腿四頭筋、腸腰筋、下腿三頭筋、ハムストリング、内転筋群の静的あるいは動的ストレッチが有効とされています。

 

また、適切なアライメントには、骨盤周辺あるいは体幹筋群の安定性が必要であるため、腸腰筋、内腹斜筋、多裂筋、腰方形筋など深部の安定化組織を活性化させる体幹エクササイズを導入すべきとされています。

 

性差による膝関節傷害(女子選手の着地姿勢では、衝撃吸収のために大殿筋より大腿四頭筋を用いる傾向がある為に膝関節に前方剪断力が増す)

(さらに…)

運動すると肩こりや腰痛が緩和するのはなぜか?(血流量低下は、乳酸から分解した水素イオンが細胞の外に浸出し、ヒスタミンなどの発痛物質を発生させ、痛覚を刺激し筋肉に凝りや痛みを生じさせる)

2014.10.14 | Category: 慢性疼痛,腰・肩疾患

肩こり腰痛

同じ姿勢を長時間維持していると、肩こりや腰痛になることがあります

 

デスクワークや自動車の運転をすることが多い人は、このどちらかを必ずといっていいほど経験しています。

 

肩凝りや腰痛の原因の一つとして考えられているのが、筋肉に対する血流量の減少によって患部の筋肉に乳酸など疲労物質が停滞してしまうことです。

 

特にスポーツ活動をしなくても、姿勢維持をするだけで肩(肩甲骨周辺)や腰の筋肉は持続的な収縮を繰り返します。

 

その結果、代謝産物として乳酸が生じ、身体をダイナミックに動かしていないとその筋肉への血流量は減りますので、発生した乳酸を再利用したり、運び去る効率が悪くなり停滞します。

 

すると、乳酸から分解した水素イオンが細胞の外に浸出し、ヒスタミンなどの発痛物質を発生させ、発痛物質が痛覚を刺激し筋肉に凝りや痛みを生じさせます。

屈曲により腰痛が改善するクライアント(脊柱管狭窄症などの退行性変性による疾患を抱えるクライアントは、屈曲を重視した運動で好ましい反応が得られる傾向にある)

(さらに…)

サッカー選手への疼痛による機能的問題への対応・慢性的な障害に対する対応

2014.06.01 | Category: 慢性疼痛,運動生理学

クールダウン

慢性的な障害

慢性的な障害に対しては症状と身体的特徴との因果関係を把握することで、そのストレスを引き起こすと推測され、機能的な問題への対応を行っていきます。

 

個々の選手を評価するには、練習中の動作の特徴とそこから必要とされる臨床的評価を絞り込むことで具体的な状態を把握し対応を行っていきます。

痛みは自由神経終末によって受容され、その伝導にはAδおよび、C線維の2種類の感覚神経が関与する

(さらに…)

リコンディショニング時の関節可動域制限への物理療法(温熱・超音波)の生理学的効果

2014.03.22 | Category: 慢性疼痛,炎症,運動生理学

低周波治療器とトレーニング

関節可動域制限への物理療法の効果

 

可動域制限に対しての伸張運動(stretch exercise)の実施前に温熱療法が施行されます。

 

Lehmannは生理学的効果を実証するためにラットの尾を用いて種々の温度下における伸長力との関係を調べ、25℃の温度にてラットの腱の伸張率は約15%になったと述べています(これは臨床上効果の期待できる伸張率約1.5%の10倍に達する)。

 

腱・関節包への超音波療法

 

Gerstenは超音波の腱・関節包などの線維結合織はその伸張性を増大していると述べ、温熱作用が線維蛋白の性質を変化させることに働いたのであろうと説明しています。

 

一方、WolpersやGrossらは超音波照射にてコラーゲン線維の結合が妨げられたと報告しています。

 

超音波の生理学的効果

 

臨床的に使用される超音波は0.8~1MCのもので物理療法の中で最も深く熱を到達出来るものとされています。

 

1MCの波長の超音波では皮膚表面の約半分のエネルギーが5cmの深部まで及び、10cmの深さでは約1/4のエネルギー量が到達するとされています。

 

超音波は組織のインピーダンスにより、異なる組織境界面でのエネルギー反射散乱が熱エネルギーへと転換されやすい性質を持っており、特に骨は超音波エネルギーの約30%が反射するため骨と隣接する筋組織での熱産生は著名で、線維肥厚組織や瘢痕組織においてとくにすぐれていると言われています(温熱効果に加え機械的効果もあるため)。

 

超音波を直接患部に照射しないで疼痛関連脊髄根部に照射する方法も、自律神経系に対する超音波の効果を活かした方法もあり、また、薬物を超音波エネルギーにより皮内に浸透させる効果もあります。

 

※一方、温熱作用が関節内温度の上昇に伴い、ヒアルロン酸などの代謝が著名に増加したり、膝関節内温度が33~36℃に上昇すると軟骨の破壊が4倍に増加するなどの報告もありますが、超音波ほど適用性の広い、かつ未知の面を秘めた物理療法は無いと言えます。

引用・索引 理学療法概論

特殊な腰痛の治療(機械的刺激痛と神経障害痛)

2013.03.08 | Category: ヘルスケア,慢性疼痛

特殊な腰痛における対処法

Happy sporty woman training in gym with coach.「下背部と脚に常に刺すような灼熱痛がありますか?。強い痛みで、電気ショックのような痛みはありますか?」

 

腰の痛みにて、腰痛が実際には脊椎とほとんど関係がないこともあり、さらに痛みは奥の神経から来ている場合もあり、神経の損傷や病変による神経障害痛を患い、それにより、神経が興奮し過敏になり、時とともに痛みが悪化していきます。

運動すると肩こりや腰痛が緩和するのはなぜか?(血流量低下は、乳酸から分解した水素イオンが細胞の外に浸出し、ヒスタミンなどの発痛物質を発生させ、痛覚を刺激し筋肉に凝りや痛みを生じさせる)

(さらに…)

ページトップ