TEL

野球のバッティングパフォーマンスに関する補足レジスタンストレーニング(手関節と前腕のエクササイズが高校野球選手の直線スイング速度、撃心でのスイング速度、手の速度、およびバット-ボールコントロールまでの時間に有意に増加させる) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 野球の記事一覧

野球のバッティングパフォーマンスに関する補足レジスタンストレーニング(手関節と前腕のエクササイズが高校野球選手の直線スイング速度、撃心でのスイング速度、手の速度、およびバット-ボールコントロールまでの時間に有意に増加させる)

2015.11.17 | Category: 野球

バッティングにおける握力、前腕の筋力強化の意義

野球における手関節と前腕、手のトレーニング研究

野球のバッティングパフォーマンスに関する補足的なレジスタンストレーニングの効果を明らかにするために、最近、前腕および手のトレーニング研究が実施されました

 

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

(さらに…)

投球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

2015.11.03 | Category: 投球障害施術,野球

投球肘の評価:可動域の測定

肘関節評価の重要性

投球側の肘関節と非投球則の肘関節の比較は、構造的な異常や不安定性、および可動域不足を識別するために欠かすことができません

 

多くの場合、減少した可動域は関節の拘縮あるいは損傷を示唆していますが、反復的な投球中に蓄積されたストレスは、疼痛や機能不全の症状を呈することのない、筋および骨の別の症状をもたらす場合があります。

 

スポーツ参加中に急性または慢性の特徴を有する傷害を確認し、モニタリングするためには、シーズン中を通じて頻繁な肘関節のスクリーニングを行うことが推奨されています。

 

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(肘内側の主要な動的スタビライザーである尺側手根屈筋や浅指屈筋、および円回内筋の活動張力、筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

(さらに…)

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

2015.10.26 | Category: 投球障害施術,野球

投球肘にアプローチする伸張性筋活動

肘関節屈筋群の伸張性筋活動エクササイズ

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動を組み合わせることにより、投手を外反伸展の過負荷(VEO:Valgus Extension Overload)から保護できます

 

VEOは、肘関節外反トルクの安定化が不十分で、投球腕の加速がピークに達した際に、素早い肘の伸展が重なって生じます。

 

肘関節の伸展が慢性的に不十分だと、肘関節屈曲筋群の伸張性機能が損なわれ、VEOが増大し、後内側の肘頭骨棘形成をもたらし、肘関節のインピンジメント症候群や離断を引き起こします。

 

外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

(さらに…)

外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

2015.10.21 | Category: 投球障害施術,野球

外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度

肘関節の伸展と肘関節外反モーメントの関係

三次元運動解析研究により、体幹のピーク回旋時における肘関節の伸展と肘関節外反モーメントの増大との関係が明らかになりました

 

肘外反トルクは、MER(肩関節最大外旋)直前にピーク外反負荷が起こる瞬間、肘関節の屈曲が増すの伴い減少します。

 

腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメント(主に上腕骨の軸回転)が増大し、結果的に肘関節の外反ストレスが増大し、加速段階のピークEEV(肘関節伸展速度)は、筋活動よりもむしろ「腕の振り遅れ」との関係が大きいことが知られています。

 

これは、上腕三頭筋が急速に肘関節を伸展するのを助けるために、体幹と上腕骨の間で遠心力が働くためです。

 

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

(さらに…)

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

2015.10.19 | Category: 投球障害施術,野球

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク

I followed one Japanese little league baseball team for six years. They are one of hundreds of teams who want to be the best and to be on top one day. They practice hard and give it all they have. I witnessed their ups and downs, their wide array of emotions in their commitment, will, and determination. They are captured here as seen through my lens.

投球の三次元メカニズム

投球腕の三次元動作分析から推定すると、肩関節内旋の角速度は7000°/秒で、肘関節伸展の角速度は3000°/秒になります

 

投球腕を加速するために必要とされるコーディネーションのとれた筋活動は、最初に、蓄えられた弾性エネルギーが肩関節内旋筋から放出されることから始まります。

 

肘関節伸展筋群の短縮性筋活動がこれに続き、それらの同期した活動が投球のクリティカルインスタント間に手の速度を最大化します。

 

MIR-M(肩関節の最大内旋モーメント)は、ホームに向かって上腕を軸回転させる結果生じる回転力であり、肩甲下筋、大円筋、大胸筋、広背筋、三角筋前部によって生じます。

 

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

(さらに…)

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

2015.10.17 | Category: 投球障害施術,野球

投球のキネティックチェーンと投球速度

The Woodlands pitcher Devin Fontenot works to a Kingwood hitter during their game at KHS on May 1, 2015.

投手の連鎖的な力発揮システム

投手の投球腕のピーク角速度と球速は、一般にキネティックチェーンと称される、投手の連鎖的な力発揮システムと関係があります。

 

キネティックチェーンとは、フォロースルー期までの各部位(剛体)の加速と減速を通じて、部位間でエネルギーを順番に伝達する仕組みになります

 

キネティックチェーンは地面や野球用スパイク、ピッチングマウンドの隆起などから足にもたらされる摩擦力と垂直床反力から始まります。

 

オーバーハンドの投球中は、相互の関節モーメントがキネティックチェーンを通じて伝達され、下半身から始まり体幹を通り、ボールリリースでその力は頂点に達します。

 

腕のコッキング中の肩甲骨、上腕、および手関節周辺のコーディネーションのとれた伸張性筋活動により弾性エネルギーが伝達され、投球腕を加速する際の短縮性筋力が増大し、最大の運動エネルギーを投球腕にもたらします。

 

ボールリリースにおける手の最高速度は、MER(肩関節の最大外旋)とMER-M(肩関節の最大外旋モーメント)、およびピークEEV(ピーク肘関節伸展速度)の大きさと相関関係があります。

 

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(肘内側の主要な動的スタビライザーである尺側手根屈筋や浅指屈筋、および円回内筋の活動張力、筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

(さらに…)

投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす(体幹の筋が強力で安定し、効率的ならば、パワーを吸収・変換する能力が向上し、四肢にかかるストレスを減少させる)

2015.09.29 | Category: 投球障害施術,野球

投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす

 

アスリートのコア(体幹)はスポーツに関するほぼ全ての動作で重要な役割を担います

 

これは、野球の投手にもいえることになり、投球動作では、体重の再分配により不安定性が生じます。

 

投球動作のはじめには、支持脚に全荷重がかかり、次に踏み出し脚が着地すると体重は移動し、そのほとんどが踏み出し脚にかかります。

 

この不安定な姿勢では、投手のコアの筋が特に重要になり、また股関節の回旋も重要な役割を果たします。

 

上記の事を理解し、コアを強化すれば、回旋に必要な安定性と平衡感覚、パワーを得ることができます。

 

野球のスイング中のパワーは体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある

(さらに…)

ジュニア野球選手の技術へのアプローチ(スクワットなどの基本的なトレーニングは「足の裏全体で実施する」「正しい背中のラインを維持する」野球の技術でも要求される重要な動作に発展する)

2015.09.02 | Category: 投球障害施術,野球

ジュニア選手へのトレーニングアプローチ

基本的な動作が競技特異的動作につながる

野球の技術を習得するにあたり、その技術に要求される前提条件を分析することは重要になります

 

つまりこれが、野球の技術トレーニングの繰り返しで習得可能か、またStrength&Conditioningからのアプローチのほうが効率的かなどの判断にもつながります。

 

例えば、要求される技術の習得のために必要となる柔軟性が欠如していたり、練習を繰り返すだけの体力が不足していたりする場合は、S&Cからのアプローチが効率的かもしれません。

 

また、野球の実戦で要求される走る動作は、直線を全速力で走るだけではなく、そこでは減速や停止、方向転換や再加速などが求められますが、こうした点においても、技術練習の中だけではなく、日々のウォーミングアップの中でドリルとして実施することも有効になります。

 

ジュニア野球選手のトップアスリートとしてスキル向上を目指す際に重要とされる能力(「完成像、理想像を明確にもつ」「運動観察眼をもつ」「動きのコツを明確に挙げることができる」「指導者や仲間の「ことば」を理解できる」)

(さらに…)

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得の意義(安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化、静的、動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎、障害のリスクを軽減させる)

2015.08.29 | Category: 投球障害施術,野球

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得

調整能力の向上

調整能力の向上においては、発育に伴う神経系の発達と、運動を繰り返すことにより生ずる神経系内での可塑的な変化が主に関与していると考えられていますが、Strength&Conditioningの立場からは、特に後者における「運動の繰り返し」といった点には注目しなければなりません。

 

※つまり、「運動の繰り返し」を支える体力の獲得、そして「運動の繰り返し」による障害の防止です。

 

より多く練習を繰り返すことは、技術習得の機会を増やす一方で、身体への負担がその許容量を超えた場合は障害につながります。

 

ジュニア野球選手のトップアスリートとしてスキル向上を目指す際に重要とされる能力(「完成像、理想像を明確にもつ」「運動観察眼をもつ」「動きのコツを明確に挙げることができる」「指導者や仲間の「ことば」を理解できる」)

(さらに…)

ジュニア野球選手のトップアスリートとしてスキル向上を目指す際に重要とされる能力(「完成像、理想像を明確にもつ」「運動観察眼をもつ」「動きのコツを明確に挙げることができる」「指導者や仲間の「ことば」を理解できる」)

2015.08.27 | Category: 投球障害施術,野球

ジュニア野球選手への適応

調整能力

競技の中では、より速く、より強くといった出力の最大値だけではなく、場面によっては、出力の調整を含めた様々な調整能力が求められます

 

このような調整能力は、守備や走塁においても様々な場面で求められ、さらに、こうしたプレー中での動作そのものに対する調整能力に加え、ジュニアの野球選手は、成長とともに使用するバットやボールの種類(軟式・硬式)、グラウンド(塁間、広さ、サーフェス)などの変化に対しても都度適応することが求められています。

 

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

(さらに…)

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには(スイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重である)

2015.08.24 | Category: 野球

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには

打撃動作の評価

投球動作と同様、野球における打撃動作は、バットを使用する操作系の動作になり、また、投手による投球が基本的に投げ手自身のタイミングで動作が開始されるのに対し、打撃動作においては、その投球に対する対応が求められることから、投球へのタイミングを含めた多くの調整能力が必要となります

 

さらに、投球が投げる位置やその投球速度などでパフォーマンスを評価できるのに対し、打撃動作においては、その結果(打球)に対する評価も一様でないことから、測定によってこれを評価することが難しいといわれています。

 

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

(さらに…)

野球のスイング中のパワーは体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある

2015.06.30 | Category: 投球障害施術,野球

 

野球のバットスイング

理論的スイング

「野球の物理学(The Physics of Baseball)」という著書には、スイングはふたつの要素に分けられると述べられており、メジャーリーグの打者の場合、ボールが投手の手を離れてからバットとボールのコンタクトまでに0.2秒でスイングされますが、スイングの前半の0.1秒は、打者の運動によって支配され、スイングの後半の0.1秒(バット-ボールコンタクトまで)は、バットの反動で決定されます。

 

スイングにおける構成要素の間に、身体の連続的なトルクの発生の動作によって運動エネルギーが産生され、最後のリンクである手とバットへともたらされます

 

バットが弧を描き振り抜かれる際の身体の回転によって力が生み出される最終局面で、両手および移動中のバットは時速20マイル(32km)に達し、その際の運動エネルギーはおよそ0.05馬力/秒になります。

 

投手の方向に向かって時速6マイル(9.6km)で体重移動が起こりますが、これは体重80kgの打者では、約0.4馬力/秒の運動エネルギーに相当します。

 

したがって、およそ0.6馬力/秒の運動エネルギーが身体運動において蓄えられます。

 

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

(さらに…)

大学野球選手のトレーニングプログラム(ウェイトルームでは筋力-パワーの向上、フィールドトレーニングでは始動速度(RFD)、0~6秒間のエネルギー供給が可能な無酸素性のATP-CPr系に負荷をかける)

2015.05.07 | Category: 野球

 

野球選手オフシーズントレーニングプログラム

基本的なトレーニングプログラム作成のメカニズム

基本的には筋力-スピード(負荷55~90%)の複合的トレーニング様式を用いることによって、力-速度曲線を日毎あるいは週ごとに上げ下げすることができ、一度に一つのための変数のためのトレーニングを実施するのではなく、プログラムに多様な幅をもたせることができます。

 

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

(さらに…)

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

2015.05.06 | Category: ピリオダイゼーション,野球

 

大学野球選手のトレーニング

The University of Iowa baseball team participates in their strength and conditioning program Wednesday, Feb. 5, 2014 at Carver-Hawkeye Arena in Iowa City. (Brian Ray/hawkeyesports.com)

大学野球の特異性

大学野球の試合のスピードと性質を考えると、大学野球の選手があらゆる動作平面におけるクイックネス、筋力、パワー、スピードの向上を目指して毎年トレーニングする必要があります

 

投手は時速86~90マイル(約130~145km)以上でボールを投げ、野手は本塁から1塁まで通常3.9秒から4.4秒で走ることを考慮すると、大学レベルで戦うためには、大きな力パワー、効率、力の立ち上がり速度(RFD)が動作に要求されます。

 

インピンジメント(野球肩)を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

(さらに…)