MENU TEL

ホーム > Blog > 2013 9月の記事一覧

2013 9月の記事一覧

肩関節スポーツ障害・代表的疾患と治療法

2013.09.24 | Category: 投球障害治療

野球における肩の痛みのアプローチ

肩関節不安定症外(外傷性肩関節前方不安定症)

初回肩関節前方(亜)脱臼

初回(亜)脱臼後は保存療法が第一選択とされ、整復後は前腕を体幹に3週間固定されるのが一般的です。

 

しかし若年者ではAIGHL(前下関節上腕靭帯)の付着部である関節唇前下方の剥離(バンカード病変)を伴うことが多く、反復性に移行しやすいのが特徴になります。

 

そのため画像上明らかなバンカード病変を認めるものに対しては、初回であっても積極的にバンカードの修復を行うべきという意見が多数あります。

野球肩における肩の痛み(インピンジメント、関節唇損傷、腱板断裂)

(さらに…)

野球治療・野球肩のスポーツ障害の診断へのアプローチ

2013.09.19 | Category: 投球障害治療

投球肩傷害

肩のスポーツ障害には多くの病態が存在し、来院時の訴えも痛み・不安定感・運動制限など様々です。

 

その原因も脱臼や骨折のように明らかな大外傷によるものから、オーバーユースを基盤としたものまで様々です。

肩関節の安定化機構

関節上腕靭帯
肩関節の静的安定性の多くは関節上腕靭帯が担っています。

上前方には上関節上腕靭帯(SGHL)、中前方には中関節上腕靭帯(MGHL)、下方部には下関節上腕靭帯(IGHL)前方部は前下関節上腕靭帯(AIGHL)、後方部には後下関節上腕靭帯(PIGHL)、下方部は液窩嚢と呼ばれています。

 

また、腱板筋(肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋)や上腕二頭筋長頭腱といった肩関節の安定化筋、それに肩甲骨周囲筋が動的要素として重要で、4つの腱板筋(インナーマッスル)はお互いに協調して収縮する。

 

 

さらに、関節窩、骨頭間に剪断力を生じさせる大胸筋、三角筋、広背筋など(アウターマッスル)や肩甲骨安定化筋群とも強調して収縮することで、常に骨頭を関節窩の安定した位置に保つように調節し、これらの静的要素と動的要素の協調により、初めて肩関節の安定化機構が成立します。

野球治療における野球競技の大きな特徴

(さらに…)

パワーの為のトレーニング原理

2013.09.05 | Category: トレーニング

パワートレーニング

大きなパワーを発揮する能力は、ジャンプ、投てき、方向転換などを含む様々なスポーツ活動のパフォーマンスにおいて、成功に必要な基本特性のひとつと考えらます。

 

アスリートのパワー発揮能力を促進し、総合的な競技パフォーマンスを向上させるために、多数のトレーニング介入が推奨されています。

男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

(さらに…)

ページトップ