TEL

腰痛の評価・症候による分類(伸展型、屈曲型、回旋型、安静型、不安定型) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2013 11月の記事一覧

腰痛の評価・症候による分類(伸展型、屈曲型、回旋型、安静型、不安定型)

2013.11.26 | Category: 腰・肩疾患

腰の痛みの種類

腰痛を分類するには、まずその腰痛の正体を見極めることが大切です。

それにはまずスポーツ専門の医療機関を受診させ、正確な診断を得たうえで現在の症状についてJ評価を進めます。

 

腰痛評価にあたっては、まず以下の分類を用いて簡潔に腰痛の概略を把握し、そのうえで機能評価やスポーツ動作の分析を行って腰痛のメカニズムを探求します。

 

神経症状の無い一般的な腰痛の多くは伸展型、屈曲型、回旋型、安静型、不安定型のいずれかに含まれます。

 

伸展型、屈曲型、回旋型は文字通り体幹の屈曲、伸展、回旋それぞれの動作により疼痛が増強するタイプの腰痛です。

 

これらは運動方向に応じて規則的に疼痛が増強するため、特定のスポーツ動作との因果関係をしやすいタイプの腰痛といえます。

 

一方、安静型や不安定型は運動方向に応じた疼痛パターンが不規則又は無関係で、スポーツ動作との因果関係が不明瞭な腰痛になります。

腰部痛が改善する運動方向への運動介入(運動に伴いLBPが増悪し、痛みが脚部への下方へ放散する現象は症状の悪化を意味するため、「末梢化(Peripheralization)」を起こす運動は避ける)

(さらに…)

腰部の外傷と障害の病態

2013.11.20 | Category: 腰・肩疾患

腰痛

腰部捻挫

ある姿勢や急激な動作で突発的に起こる腰痛を腰部捻挫といいます。

 

椎間関節の捻挫によって生じると考えられていますが、実際のところは種々の原因が考えられます。

 

いずれにしても、数週間の安静臥床で軽快しますが、しばしば再発を繰り返すことが多いです。

屈曲により腰痛が改善するクライアント(脊柱管狭窄症などの退行性変性による疾患を抱えるクライアントは、屈曲を重視した運動で好ましい反応が得られる傾向にある)

(さらに…)