TEL

「肥満遺伝子(レプチン)」とインスリン非依存型糖尿病 | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2014 7月の記事一覧

「肥満遺伝子(レプチン)」とインスリン非依存型糖尿病

2014.07.31 | Category: 栄養学

 

アスリートにとって砂糖は毒なのか?

人では肥満にかかわる遺伝子(obese gene=ob遺伝子)は7番目の染色体にあり、体脂肪中の脂肪細胞に中性脂肪が蓄積してくると、脂肪細胞はこの遺伝子を用いてレプチンというタンパク質を作り、分泌します

 

※レプチンは脳の視床下部という部分に働いて、食欲を減退させ、エネルギー摂取を抑えると同時に、身体の活動を高め、エネルギー消費を促進させ、体内の脂肪量を一定にしていると考えられます。

食べる人の身体のコンディションニングが違うと、食後の血糖上昇反応に大きな違いが出てくる(筋肉や肝臓のグリコーゲンの回復に差がつく)

(さらに…)

体脂肪を制御する遺伝子(ob遺伝子・レプチン)

2014.07.30 | Category: 栄養学

 

トリグリセリド

40年ほど前、遺伝的に極度の肥満を示すネズミ(マウス)の系統が育種されました。

 

このマウスの血管系と正常なマウスの血管系を特別な”ふるい”を通してつなぐと、肥満したマウスが痩せることが見出されました。

 

このことは正常なマウスでは血液中に体脂肪を減らす作用を持つなんらかの因子があることを示しており、この因子の遺伝子が明らかにされ、この遺伝子はob遺伝子(obは「肥満」のobeseの略)と名付けられ、肥満マウスではこの遺伝子の構造が不完全であることがわかりました。

食べる人の身体のコンディションニングが違うと、食後の血糖上昇反応に大きな違いが出てくる(筋肉や肝臓のグリコーゲンの回復に差がつく)

(さらに…)

食べる人の身体のコンディションニングが違うと、食後の血糖上昇反応に大きな違いが出てくる(筋肉や肝臓のグリコーゲンの回復に差がつく)

2014.07.29 | Category: 栄養学

 

身体パフォーマンスと栄養学

炭水化物食品をどのように食べるか、献立や調理法によって食後の血糖上昇反応が変わることに加えて、同じ食事を食べても、食べる人の身体のコンディションが違うと、食後の血糖上昇反応に大きな違いが出てくることがわかっています。

 

これは、大学の陸上長距離選手を被験者にして得られた科学情報になり、夕方の5時から6時30分まで20km走を、数日空けて2回走ってもらい、グループを半分に分けて、夕食をランニング終了の30分後か2時間30分後に食べてもらいました。

 

このようなトレーニング後の夕食のタイミングの違いは、運動で消費された筋肉や肝臓のグリコーゲンの回復に差をつけます。

 

※一般的にトレーニングのすぐ後に食事をとると、グリコーゲンは速やかに回復しますが、2時間以上も間隔を空けて食事をとると、その回復は半分程度に終わってしまいます。

 

タンパク質合成:栄養と摂取(運動後に摂取する糖質に十分なタンパク質(特に必須アミノ酸)を摂取する必要があり、さらに糖質-タンパク質の組み合わせは、血漿インスリン濃度を高め、筋タンパク質の分解を抑制する)

(さらに…)

グリセミック・インデックス(指数)と肥満の生理学

2014.07.28 | Category: 栄養学,運動生理学

 

肥満を決める要因

栄養評価基準の一つとして、血糖上昇反応指数(グリセミックインデックス:glycemic index:GI)があります

 

これは基本的には炭水化物を含む食品や食事を摂取した後に、血中グルコース濃度が上昇してくる反応の大小を表す指数です。

 

※基準となる指数100はグルコース(ブドウ糖)を50g摂取したときに描かれる血糖上昇反応の面積で、食後2~3時間の血糖反応を測定するもので得られるものです。

筋量をコントロールする生理学的メカニズム(力学的ストレス、ホルモン、成長因子)

(さらに…)

筋量をコントロールする生理学的メカニズム(力学的ストレス、ホルモン、成長因子)

2014.07.27 | Category: 運動生理学

 

筋量を決める要因とは

力学的ストレス、ホルモン、成長因子などのさまざまな要因がこれにかかわっていると考えられています。

 

成長因子とは、内分秘腺以外のさまざまな細胞が分泌し、局所的に働いて細胞や組織の成長や分化を調整するホルモン様物質であり、このうち、インスリン様成長因子-1(IGF-1)がトレーニングによる筋肥大という観点でよく研究されています。

最終的な筋量はインスリン様成長因子-1とミオスタチンのバランスで決まる

(さらに…)

最終的な筋量はインスリン様成長因子-1とミオスタチンのバランスで決まる

2014.07.26 | Category: 運動生理学

 

マイオスタチン

筋量を決める決定的な要因に、GDF-8という成長因子があります

 

この成長因子の遺伝子を壊した動物を作ると、筋が著しく肥大し、マウスではその筋量が通常の2~3倍にも、すなわち、GDF-8は筋の発達を抑制している因子ということになります。

 

本来の役割として、筋の過剰成長を抑制し、筋のサイズを一定に保つであろうということから、GDF-8は「マイオスタチン」と呼ばれるようになりました。

 

※「ミオ-」または「マイオ-」とは「筋の-」という意味で、「スタチン」は「サイズを一定に保つタンパク質」という意味です。

筋量をコントロールする生理学的メカニズム(力学的ストレス、ホルモン、成長因子)

(さらに…)

筋肉の成長を促すのは成長ホルモンよりも成長因子が握っている

2014.07.25 | Category: 運動生理学

 

成長ホルモンと成長因子

近年では筋肉の成長を促すのは成長ホルモンよりも成長因子と呼ばれるものであると考えられるようになりました。

 

成長因子には多種ありますが、成長ホルモンと同様ペプチド(非常に小さなタンパク質のようなもの)でできています。

 

※IGF-1(インスリン様成長因子-1)という成長因子は、肝臓が成長ホルモンの刺激を受けて分泌し、自分自身に作用させるような(自己分泌型)成長因子も多数あります。

高地トレーニングによる持久力アップに赤血球増量に伴う乳酸トランスポーター増量が貢献している

(さらに…)

高地トレーニングによる持久力アップに赤血球増量に伴う乳酸トランスポーター増量が貢献している

2014.07.24 | Category: 有酸素運動,運動生理学

 

持久的トレーニングと高地トレーニング

マラソン選手や水泳の中・長距離選手、自転車競技選手など持久系勝負の種目の選手は、高地トレーニングを実施することが非常に多いです。

 

その効果として、低酸素条件がもたらす赤血球増量作用によるとされ、また、造血作用ホルモン(エリスロポエチンやダーベポエチン)のドーピングが持久力増強に有効なのも、赤血球数の増加によります。

持久性トレーニングにより速筋線維が遅筋線維へと変化する

(さらに…)

持久性トレーニングにより速筋線維が遅筋線維へと変化する

2014.07.23 | Category: 有酸素運動,運動生理学

 

持久的トレーニング

スポーツ選手の筋組織についても、マラソンをはじめとする持久的競技選手では遅筋線維の割合が極めて高く、逆にスプリント的強度の選手では速筋線維割合がやや高いことが報告されています

 

※これが遺伝的に優れているからなのか、長年の努力で筋組成を変えた結果なのかは断定出来ません。

筋肉の成長を促すのは成長ホルモンよりも成長因子が握っている

(さらに…)

筋力や筋肥大のトレーナビリティは第一に遺伝子によって支配される

2014.07.22 | Category: 運動生理学

 

筋肉のトレーナビリティ

筋肉のトレーナビリティー(筋肥大、筋力の着きやすさなど)と遺伝を関連づける研究は昔から行われており、その一つが、筋の組成に関わるものです。

乳酸性疲労を防止するためウェイトコントロールをしなければいけない理由(乳酸は脂肪組織からも放出される)

(さらに…)

乳酸性疲労を防止するためウェイトコントロールをしなければいけない理由(乳酸は脂肪組織からも放出される)

2014.07.21 | Category: 運動生理学

 

乳酸性作業閾値

強度の高い運動後には筋肉で発生した乳酸が疲労の原因となって、筋肉はもちろんのこと、全身に気だるさを呼び、眠気を催します

 

※このダルさと眠気は、筋肉運動をしなくても昼食後などに襲ってくることを多くの人が自覚していることです。

 

非運動時においても、食後の高血糖状態でグルコースが脂肪組織に大量に取り込まれると、脂肪組織で乳酸に代謝されて血中に放出されて血中に放出され、高乳酸血症状態をつくります。

 

※安静状態で血中に流される乳酸の50~70%は脂肪組織から放出されていることが確認されています。

筋力や筋肥大のトレーナビリティは第一に遺伝子によって支配される

(さらに…)

ミトコンドリアと乳酸トランスポーター(モノカルボン酸トランスポーター:MCT)

2014.07.20 | Category: 運動生理学

 

有酸素運動と無酸素性運動

乳酸を細胞膜やミトコンドリア膜を通して運び、出し入れする仕事をする膜タンパク質MCTがあることが、1990年代の初めに発見されました。

 

※この膜タンパク質は、乳酸のようにカルボキシ基を1つ持つ有機酸(モノカルボン酸、ピルビン酸、β-ヒドロキシ酪酸など)を出し入れすることを仕事としています。

 

筋肉だけでなく、脳、心臓、肝臓、腎臓、脂肪組織などほとんどの組織に存在し、赤血球膜にもあります。

筋力や筋肥大のトレーナビリティは第一に遺伝子によって支配される

(さらに…)

スポーツ選手が疲労の発生を出来るだけ遅くして、パワー、スピード、スタミナを十分に発揮するための3つの対策

2014.07.19 | Category: 運動生理学

 

疲労と乳酸

激しい運動では筋肉が酸素を十分にもらえない条件下で収縮するために、グルコースやグリコーゲンが無酸素エネルギー代謝で分解されて乳酸を発生させてしまいます

 

※乳酸は本来、酸素があれば炭酸ガスと水に分解されるもので、したがって、乳酸はグルコースやグリコーゲンの不完全燃焼物になります。

 

乳酸は酸性物質ですので、筋肉内の乳酸が高濃度になると、筋細胞内が酸性化しますので、エネルギー代謝系で働く酵素群が活性を低下させていきます。

 

※特にATP(アデノシン三リン酸)の合成、分解に働くATPアーゼは酸性化に弱く、すぐに働きをやめてしまうので、筋肉はエネルギーを生産できなくなり運動を低下させてしまい、これを「疲労」と呼びます。

パフォーマンス向上のための負荷(発揮パワーは効率的な神経筋プロセスの結果、競技力に重要な要素である為、疲労がレップの質にマイナスの影響を及ぼさないように注意すべきである)

(さらに…)

筋肉がつきやすい「体質」と「遺伝」

2014.07.18 | Category: 運動生理学

 

筋力と遺伝

同じようなトレーニングをしていても、みるみる筋肉がついたり、筋力が伸びたりする人(トレーナビリティの高い人)とそうでない人がいることは認めざるをえません

 

※このような現象を説明するのに「体質」という便利な言葉があり、体質は特定の目的のもとでは「素質」の大きな要素となります。

スローリフトとアイソメトリックトレーニング(等尺性収縮)

(さらに…)

スローリフトとアイソメトリックトレーニング(等尺性収縮)

2014.07.17 | Category: 運動生理学

 

クイックリフト

筋内血流と筋力発揮を考えるとアイソメトリックトレーニングが良いとなりますが、一概にそうではありません。

 

アイソメトリックトレーニングは外に向かって仕事をするわけではなく、加えて筋の生産する熱も極めて少ないという性質があります。

 

※したがって、エネルギー消費が少なく、代謝産物の蓄積効果も極めて小さいことになります。

 

上記の事を考えると2分間の空気椅子より、1回10秒のスロースクワットを10回行った方が良いと言えます。

 

※ただし、立ち上がった状態で休みをいれることなく、常に筋の緊張を解かないようにする必要があります。

「ボディパートエクササイズ(BPE)」と「ストラクチュラルエクササイズ(SE)」

(さらに…)