TEL

モートン病 | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2019 2月の記事一覧

モートン病

2019.02.15 | Category: 足部疾患

モートン病は、歩きすぎた後などに生じることがあり、特にきつめの靴を履いた時や、裸足で歩いて指が反り返った時や、コードを踏んだ時などに痛みが出たり、趾神経が深横中足靭帯により絞扼を受けて生じる絞扼性神経障害です。

 

20~50歳代の女性に好発します。

 

個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)に好発しやすく、しびれや、疼痛、灼熱痛などのさまざまな神経症状が出現します。

 

第3.4趾間の趾神経は、内・外足底神経が吻合していて、横径が太く可動性が小さいため、絞扼されやすいからです。

 

前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。

 

障害される部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。

 

また、痛みは強いことも少なくなく、時には、下腿まで及ぶことがあります。

原因

つま先側が細いハイヒールやスポーツシューズなどを長時間、日常的に履き続けることで発症してしまうといわれています。

 

中腰での作業、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。

 

生活様式などによるMP関節付近への負荷の増加が原因となります。

 

槌趾変形(マレット指)がある場合にも同様な姿勢で生じやすくなります。

足底の感度適応の重要性(足底面には感覚受容器が密集しているためにベアフット運動を増やすことによる感度適応が、ベアフットランニングプログラムへの移行の最初の要素になる)

症状

狭い靴を履くと疼痛が表れ、趾間の感覚障害、中足骨骨頭間の足底側に圧痛、歩行時痛、強制背屈時痛などがみられます。

 

「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状や、しびれや、幹部に塊があるような違和感を覚えることもあります。

 

趾神経が繰り返し絞扼を受けると、変形・肥厚し偽性神経腫(モートン神経腫)が形成されます。

治療

保存療法として、ストレッチ、運動時のストレスの軽減のため履物の調整として足に合った靴に買い替えインソールや足底装具の装用などをおこなうことが大切です。

 

偽性神経腫などで、保存療法の無効な場合、手術療法がおこなわれることもあります。

 

足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

 

引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P298、標準整形外科第8版P581

 

清田恵

筋力と筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

2019.02.08 | Category: リハビリテーション

筋力と筋力バランス

筋力不足

動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受けます。

 

能動的制限が損なわれると、傷害リスクが高まります。

 

筋力不足により神経筋コントロールが不十分になり、傷害の引き金となります。

 

研究によると、筋力不足は急性(ACL断裂やハムストリングスの肉離れ)と慢性(膝蓋大腿関関節疼痛症など)両方の下肢のスポーツ傷害に関連があります。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

(さらに…)

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

2019.02.04 | Category: リハビリテーション

上腕部での圧迫や、上腕骨骨折のような外傷によって、橈骨神経が末梢神経損傷をきたしたものです。

 

「土曜夜の麻痺まひ」や「腕枕症候群」とも言われたり、アルコールを飲んで眠りこけてしまった場合などに発症することもあります。

原因

主な原因として、長時間の不良肢位での睡眠での圧迫、または上腕骨骨折やモンテギア骨折などの肘周辺の外傷後、ガングリオンなどの腫瘤、神経炎、筋肉の酷使、長時間の手術後などを原因として生じることが多いです。

病態

腋窩や上腕骨中央部の橈骨神経溝での圧迫などによって橈骨神経が障害され、麻痺が生じます。

 

母指・示指・中指の背側や、手背の橈側に軽度のしびれ、疼痛がみられます。

 

手関節の背側(伸展)障害、手指MP関節の伸展障害がみられ場合、橈骨神経麻痺(高位麻痺)を考えます。

 

傷害を受けると、ケガの部位により、いろいろな感覚の障害が起こります。

治療

保存療法として、日常生活指導、装具による関節固定などをおこない、手術療法は骨折部の転移が大きい場合や神経断裂がある場合におこいます。

 

また、関節の拘縮こうしゅく(関節可動域制限を起こした状態)を予防するためのリハビリテーションも大切です。

 

回復のスピードは個人差があり、1~3カ月を要します。

Tinelサイン

Tinelサイン(神経傷害部をたたくとその支配領域に疼痛が放散する)があれば傷害部位が確定できます。

 

知覚神経が傷害されていればTinelサインと感覚障害の範囲で傷害部の診断が可能です。

 

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したお客やローテーターカフに修復不能な損傷のあるお客のために考案された複雑な手術法である)

(さらに…)

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる)

2019.02.04 | Category: ケトルベル

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項

ケトルベルでの傷害リスク

KBトレーニングのために利用可能な多くの教育情報源の欠点として、ニュートラルではない脊椎(例えば、胸椎、頚椎または腰椎の過伸展など)でKBを実施していることが挙げられます。

 

エクササイズ中に腰椎を屈曲することは腰部の傷害リスクを高めます。

 

腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになります。

 

これは、KBをエクササイズ中の脊椎の自然な弯曲を保持することの重要性を意味しています。

 

スクワットエクササイズとコアエクササイズ(優れたアスリートを観察すると、パワーが股関節で発生し、剛性を高めたコアを通して伝達される)

(さらに…)