TEL

膝関節半月板損傷 | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

膝関節半月板損傷

膝関節半月板

半月板には、脛骨の関節面の内側に大きくC型をした内側半月板(MM:Medial Meniscus)と外側にやや小さなO型をした外側半月板(LM:Lateral Meniscus)があります。

内側半月板は関節包や骨と癒合し、内側側副靭帯とも線維性の結合しています。

役割

膝関節の半月板は「形状の異なる大腿骨と脛骨面を安定化させる」、「膝関節にかかる荷重ストレスを吸収・分散させる」という役割があります。

さらに、脛骨大腿関節の滑り、転がり運動の助け、回旋の補助などがあります。

症状

  1. 関節裂隙に沿った圧痛や膝のロッキング
  2. 関節腫脹
  3. 疼痛、反射抑制による二次的な大腿四頭筋萎縮

※急性ではLM損傷が多いとされます。

これは、膝関節の外反強制(Knee-in)により圧迫力と同時に回旋力が加わるためです。

※ACL(前十字靭帯)損傷後に関節不安定性を残しているとMMの退行的変化がおこり、変性、断裂が生じます。

McMurray testに代表されるFriction rotation testでクリック音が認められます。

半月板損傷の特徴

1内側半月板損傷は変性断裂が多い
2外側半月板損傷はACLなど急性外傷との合併が多い
3疼痛、腫脹、クリック音、ロッキング、不意に起こる膝崩れ、大腿四頭筋の萎縮、関節鏡などで診察される
4圧痛の局在、クリック音の診断的意味は大きい
5MRIでの確定診断
6関節鏡手術による効果大

理学療法

運動機能に支障がない場合には保存的に行います。

この場合、脛骨大腿関節に荷重することはリスクになるために、エクササイズはOKC(オープンキネティック)から行います。

等尺性収縮、短縮性収縮、伸張性収縮という順で進めていきます。

大腿四頭筋の委縮は著明になるため、フォワードランジのようなしっかり下肢のリンクを考えるようなメニューが重要になります。

サッカー選手のリハビリから復帰まで

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

オスグッド・シュラッター病

ハムストリングスの肉離れ

前十字靭帯損傷から復帰への条件(内側広筋、外側広筋の機能評価)

股関節痛(鼠径部痛症候群)

膝関節内側側副靭帯損傷(MCL)受傷からリハビリまで

サッカー施術の特徴

足関節(足首)捻挫

サッカーに関連するブログはコチラから

どんなお悩みでもご相談ください

お客様の状態に合わせて、最適の施術(インディバアクティブ酸素カプセルパーソナルトレーニングトレーナー派遣など)をご案内いたします。

腰痛や坐骨神経痛首の痛みや肩こり交通事故での腰や首、肩の痛みの患者様も多数来院されております。詳しくはお問い合わせください。どうぞお気軽にお電話ください。