TEL

オスグッド・シュラッター病 | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

オスグッド・シュラッター病

オスグッド膝の痛み

オスグッドの症状

オスグッド病(OSD)は思春期における代表的な膝関節障害になります。

膝関節前面の脛骨の骨突出部分(脛骨粗面)の痛みが特徴で、10~14歳の子供に多く見られます。

脛骨粗面部には膝蓋靭帯が付着する部位で、大腿四頭筋の強力な牽引力が作用します。

10~14歳での発症期

10~14歳の発症期には著しい骨の成長が大腿四頭筋の成長よりも先行し、大腿四頭筋が一時的に緊張状態になって柔軟性が低下しやすいといわれています。

また、この時期の脛骨粗面部は、成長軟骨の存在により構造的にも弱い状態であることや、活発なスポーツ活動による負担が重なり、脛骨粗面部にかかる牽引力によって軟骨やまわりの組織に炎症を起こしたり、骨隆起や粗面における骨片の遊離などを生じることもあります。

運動療法の必要性

研究者らの38例50膝を対象とした調査では、腸腰筋、大腿直筋、大腿筋膜張筋の柔軟性改善を目的とした運動療法により約3週間にて約9割の症例でスポーツ動作における疼痛が消失し、スポーツ復帰が可能になりました。

※こうのうち3割は脛骨粗面部に圧痛が残存していましたが、圧痛の残存は必ずしもスポーツ動作の疼痛に影響しないことがわかっています。

スポーツ復帰が長期化するタイプは、初期評価の段階において筋短縮の程度が軽く、疼痛発生から施術開始までの期間が長い傾向にあり、理学療法開始後3週間を超えても十分な改善が見られない場合はOSD-band(サポーター)の併用を考慮しなければなりません。

サッカー選手のリハビリから復帰まで

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

サッカー施術の特徴

ハムストリングスの肉離れ

前十字靭帯損傷から復帰への条件(内側広筋、外側広筋の機能評価)

股関節痛(鼠径部痛症候群)

膝関節内側側副靭帯損傷(MCL)受傷からリハビリまで

膝関節半月板損傷

足関節(足首)捻挫

サッカーに関連するブログはコチラから

どんなお悩みでもご相談ください

お客様の状態に合わせて、最適の施術(インディバアクティブ酸素カプセルパーソナルトレーニングトレーナー派遣など)をご案内いたします。

腰痛や坐骨神経痛首の痛みや肩こり交通事故での腰や首、肩の痛みの患者様も多数来院されております。詳しくはお問い合わせください。どうぞお気軽にお電話ください。