TEL

医薬品に共通する特性と基本的な知識 副作用 登録販売者の知識 | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ヘルスケアの記事一覧

医薬品に共通する特性と基本的な知識 副作用 登録販売者の知識

2018.10.29 | Category: スタッフブログ

副作用とは、医薬品を使用したときに、病気の施術には関係のない作用が起きたり、健康に害を及ぼす作用が起きることをいいますが、どのような副作用であれ、起きないことが望ましいといえます。

副作用の定義

世界保健機関(WHO):「疾病の予防、診断、施術のため、または身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」

副作用の分類

薬理作用による副作用

薬理作用とは、薬をいう物質、すなわち薬物が、生体の生理機能に影響を与えることをいいます。

 

一つの医薬品でも、いくつかの薬理作用を併せもつため、医薬品を使用した場合には、期待される有益な反応(主作用)以外の反応が現れることがあります。

 

主作用以外の反応でも、特段の不都合が生じなければ、通常、副作用として扱われることはなく、一般に好ましくないもの(有害事象)を副作用といいます。

 

複数の疾病をもっている場合、ある疾病に使用された医薬品の作用が、別の疾病ででは症状を悪化させたり、施術の妨げになることもあります。

アレルギー(過敏反応)

免疫は、細菌やウイルスなどが体の中に入ったとき、人体が自分を守るために生じる反応であり、免疫機構が過敏に働いて好ましくない症状を引き起こすことです。

 

免疫反応の場合、炎症やそれに伴う痛み、発熱等は、人体に有害なものを体内から排除するための過剰に組織に刺激を与える場合も多く、炎症自体が過度に苦痛を与えることになります。

 

アレルギー症状とは体の各部位に生じる炎症のことをいい、流涙や眼の痒み等の結膜炎症状、鼻汁やくしゃみ等の鼻炎症状、蕁麻疹や湿疹等の皮膚症状、血管性浮腫のような腫れ等として多く生じます。

 

血管性浮腫とは、皮膚の下の毛細血管が拡張して、その部分に局所的な腫れを生じるもので、蕁麻疹と異なり、痒みを生じることは少ないです。全身で起こり得ますが、特に目や口の周り、手足などで起こることが多くあります。

 

アレルギーは、一般的にあらゆる物質によって起るため、医薬品の薬理効果等とは関係なく起こり得るもので内服薬だけでなく外用薬でも引き起こされます。

 

薬に入っている添加物も、原因物質(アレルゲン)となり、アレルギーを引き起こすこともあります。

 

添加物とは、有効成分を医薬品に製剤化する際、その安定性、安全性、均質性を保持するとともに、有効成分の溶解促進、放出制御等の目的で添加される物質のことをいいます。

 

アレルゲンとなりうる添加物として、黄色4号(タートラジン)、カゼイン、亜硫酸(亜硫酸ナトリウム、ピロ硫酸カリウム等)が知られています。

 

今まで医薬品にアレルギーを起こしたことがなくても、疾病により、抵抗力が低下し、医薬品がアレルゲンになりやすくなり、引き起こされることがあります。

 

アレルギーには、体質的・遺伝的要素もあり、アレルギーを起こしやすい体質の人や近い親族にアレルギー体質の人がいる場合は注意が必要です。

 

一度ある医薬品を使用してアレルギーを起こしたことがある人は、その原因となった医薬品の使用を避ける必要があります。

 

医薬品の中には、鶏卵や牛乳等を原材料として作られているものがあるため、それらに対するアレルギーがある人は注意します。

(さらに…)

医薬品のリスク評価 登録販売者の知識

2018.10.22 | Category: スタッフブログ

医薬品は、使用法を誤ると健康被害を生じることがあり、医薬品については、食品などよりはるかに厳しい安全基準が要求されます。

 

ヒトへの影響力が大きい順に、飲むもの(内服)では、「医薬品>医薬部外品>食品」、塗ったり貼ったりするもの(外用)では、「医薬品>医薬部外品>化粧品」の順になります。

医薬品の効果とリスクの評価

医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価されます。

投与量と効果または毒性の関係

①薬物量を増加させる→効果の発言が検出されない「無作用量」から、最小有効量を経て「施術量」に至る

 

②施術量の上限を超える→効果よりも有害反応が強く発現する「中毒量」となり、「最小致死量」を経て「致死量」に至る

 

③少量での長期投与→慢性的な毒性が発現する場合もある

(長期でなくても、発がん作用、胎児毒性や組織・臓器の機能不全を生じる場合もある。)

 

動物実験では50%致死量(LD50)を求めることが可能で、薬物の毒性の指標として用いられます。

脂質低下薬と副作用(服用量が増すとLDL-Cが減り、心臓血管系リスクが効果的に低下する一方、高用量になるほどスタチン誘発性ミオパシーのリスクが高まる)

非臨床試験

新規開発される医薬品のリスク評価は、医薬品開発の国際的な標準化(ハーモナイゼーション)制定の流れのなかで、個々の医薬品の容量-反応関係に基づいて、以下のような試験が厳格に実施されています。

 

・医薬品の安全性に関する非臨床試験の基準であるGood Laboratory Practice(GLP)に準拠した薬効―薬理試験、一般薬理作用試験

 

・医薬品毒性試験法ガイドラインに沿った毒性試験

単回投与毒性試験、反復投与毒性試験、生殖、発生毒性試験、遺伝毒性試験など

臨床試験

動物実験での医療品の安全性が確認されると、ヒトを対象とした臨床試験が行われ、その結果と安全性の評価基準には、国際的にGood  Clinical Practice(GCP)が制定されています。

 

GCPに準拠した手順で安全な施術量を設定することが、新規医薬品の開発に関連する臨床試験(治験)の目標の一つになっています。

 

医薬品に対しては、製造販売後の調査及び試験の実施基準としてGood Post-marketing Study Practice(GPSP)と製造販売後安全管理基準としてGood Vigilance Practice(GVP)が制定されています。

 

サプリメントとしての重炭酸ナトリウム(重曹の補給(0.3~0.49g/kgを投与)は、短時間の高強度エクササイズのパフォーマンスとトレーニングを向上させる)

引用元:医薬品「登録販売者試験」合格テキスト第6版P4、登録販売者必修ポイント450[第5版]P22

 

清田恵

医薬品の本質 登録販売者の知識

2018.10.16 | Category: スタッフブログ

 

医薬品は、人の身体に取り込まれて効果を現しますが、人の身体にとっては、あくまでも異物(外来物)です。しかしその作用は複雑多岐に亘り、すべてが解明されていません。

 

医薬品は期待される有益な効果(薬効)だけでなく、好ましくない反応(副作用)もあります。

一般用医薬品(OTC薬)の本質

人の体に直接使用しない殺虫剤のような医薬品でも、人の体に入ってしまえば健康を脅かす結果となります。

 

検査薬も正しく使用され、検査結果を正しく理解しなければ、医療機関を受診して施術を受ける機会を失ってしまい、人の健康に悪影響を与えることになります。

 

医薬品は、人の病期の診断・施術・予防にしようされ、人他の構造や機能に影響を与える声明関連製品で、その有用性が認められたものです。

 

使用に際しては、保健衛生上のリスクを伴うものであることに注意が必要です。

 

毎日のタンパク質摂取量を補うために栄養補助食品を用いる場合には、(カゼインはホエイほどインスリン反応を引き起こさない)カゼインとホエイを両方含む補助食品を用いることには価値がある

 

(さらに…)

機能性表示食品について 登録販売者の知識

2018.10.09 | Category: スタッフブログ,ブログ

2015年4月1日(平成27年4月1日)「機能性表示食品」制度がスタートしました

 

「薬(医)食同源」という言葉があるように、古くから特定の食品摂取と健康増進との関連について、関心が持たれ、この制度によって、サプリメントや加工食品だけでなく、野菜や魚などの生鮮品もなんらかの効き目(機能性)を表示できるようになりました。

 

機能性表示食品は「疾病に罹患していない者の健康維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病のリスクの低減に係るものを除く。)」を表示するものです。

 

スポーツ現場の補助食品・完全栄養食品とエネルギー源

(さらに…)

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

2018.04.06 | Category: スタッフブログ

ロコモティブシンドロームは最近になって良く耳にするようになってきましたが、メタボリックシンドロームなどよりは認知度は低いように思います。

 

メタボリックシンドローム、認知症、ロコモティブシンドロームは、健康寿命・介護予防を阻害する3大因子で、健康寿命は加齢だけが原因ではありません。

ロコモティブシンドロームとは、運動器とは、

身体を動かす事が出来るのは骨、関節、筋肉などがそれぞれ連携して働くことによって動かす事が出来ますが、ひとつが悪くても身体はうまく働きず、身体を動かす骨、関節、筋肉や神経で構成されたものを運動器と言います。

 

ほかに、身体の機能の分野は他に呼吸器(酸素を取り入れ二酸化炭素吐き出す)、循環器(酸素、栄養、老廃物などを運ぶ)、消化器(食べ物の消化と吸収)があります。

 

生活習慣や加齢により運動器の衰え、障害により、歩く、立つなどの機能低下を生じたものをロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言います。

 

日常生活にも支障をきたし、運動不足から始まり、筋力低下になり筋、神経、骨の衰え・障害に、そして身体活動の低下になり、進行すれば要介護や寝たきりになることもあります。

 

日本だけでなく世界中、平均寿命がどんどん伸びてきていますが、歳だけでなく健康に日常生活を過ごす、健康寿命も伸ばしていこうという意識はとても大切で、厚生労働省や医療機関、地域自治体などもロコモ予防の取り組みを呼び掛けも増えてきています。

 

身体を動かす事、運動器は使われなければ衰えていきます。運動の範囲は人それぞれ違ってきますが、その人に合った運動を続けていくことで予防につながっていきます。ストレッチをすることはとても大切です。

 

そして、それから身体を動かす。

メタボリックシンドロームと運動(漸進的な運動プロトコルがグレリン濃度の抑制をもたらし、肥満男性の空腹感を低減する)

体幹トレーニング

例えば、体幹トレーニングやチューブを使って行うトレーニングは関節に負担がかからなく誰にでも無理なく行えるトレーニングです。

 

インナーマッスルや普段使われていない筋肉にも効果があります。脳は神経によって筋や関節を動かす指令を出します。普段使われていない筋肉を使うことによって脳が伝達する神経回路が発達し、身体をスムーズに動かせるようになったり、脳と神経を働かせるので動きの反応速度を上げることにも繋がります。

ロコモ度テスト

ロコモ度テスト=移動機能を確認するテスト。(移動機能とは立つ、歩く、走る、座るなどの日常生活で身体の移動にかかわる機能)

 

  • 『立ち上がりテスト』手を使わずに椅子から立ち上がれるか、下肢の筋力を調べるます。

 

  • 『2ステップテスト』歩幅を調べます。

 

  • 『ロコモ25』日常生活の中での簡単な質問を25問。と3つのテストからなっています。

 

「Locomotive syn...」の画像検索結果

 

定期的に行い自身の身体の状態をチェックしておくことが大切です。

 

他にも普段歩いていて、つまづいたり、転んだり、階段の上り下りが以前より辛く感じたり日常生活でも自分自身で身体の衰えを感じることもあると思います。

 

症状に気づき対処する事も大切ですが、ならないようにする事・予防しようとする意識を持つことも健康で生活していくのに必要だと思います。

 

メタボ予防、食生活を見直すこともロコモティブシンドロームを防ぐことにつながり、しっかり動いたらしっかり栄養を取るようにしましょう。

 

パーソナルトレーニング

 

清田恵

メタボリックシンドロームと運動(漸進的な運動プロトコルがグレリン濃度の抑制をもたらし、肥満男性の空腹感を低減する)

2016.05.15 | Category: メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームと運動

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン

肥満男性を対象にした運動の消化管ホルモンに対する臨床実験が行われています。

 

研究者らは、間欠的かつ漸進的な運動プロトコルが一時的なグレリン(空腹を左右する消化管ホルモン)濃度の抑制をもたらし、肥満男性の空腹感を低減すると仮定しました。

 

10名の、肥満だが健康な大学生(BMI30以上)が実験に参加し、プロトコルには、間欠的トレッドミルランニングが用いられ、強度を徐々に増加させ(約70%VO2max)ました。

 

実験の結果、不活動な肥満男性において、グレリン濃度および空腹感は間欠的トレッドミルランニングによって抑制され、運動後2時間維持されました。

 

これらは、運動が食欲を抑制し、健康な肥満者においてではありますが、カロリー消費をもたらす役割を担っているエビデンスであると思われます。

 

メタボリックシンドロームにおけるグレリン血中濃度と運動(運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少する)

(さらに…)

メタボリックシンドロームにおけるグレリン血中濃度と運動(運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少する)

2016.04.18 | Category: メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの食事療法(グレリン)

グレリンと空腹感

運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少することが知られています。

 

グレリン濃度は食事前に上昇し、食事後に低下するので、運動に対する応答についてもこの食欲調節ホルモンは容易に測定が可能です。

 

一方で、レプチンの運動に対する反応を評価することはより困難になります。

 

レプチンは体脂肪率に影響を受け、体脂肪が減れば、レプチン濃度も標準値まで減少するという性質をもっているからです。

 

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

(さらに…)

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

2016.04.04 | Category: メタボリックシンドローム

運動による成長ホルモン分泌は乳酸性作業閾値強度

グレリンとメタボリックシンドローム

グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、グレリンは人が空腹感を感知する視床下部に作用し、主に胃や近位小腸で分泌されています。

 

グレリンの血中濃度は絶食状態の際に最大であり、食後に低下し、同様に空腹感も低減します。

 

血中グレリン濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲するようであり、科学者はグレリンをオレキシジェニック(人間の食欲を刺激する物質)と呼び、さらにグレリンは体内における消化活動を促進する作用をもちます。

 

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン(肥満者はレプチン耐性をもつことが明らかとなっており、脳が満腹を感じにくくなっている)

(さらに…)

メタボリックシンドロームと消化管ホルモン(肥満者はレプチン耐性をもつことが明らかとなっており、脳が満腹を感じにくくなっている)

2016.03.23 | Category: ヘルスケア

メタボリックシンドロームと消化管ホルモンの影響

メタボリックシンドロームとは

運動習慣がなく、糖尿病、高血圧、低HDLコレステロール、肥満、そしてBMI30以上など、様々な併存症を患っている、これらの危険因子をひとまとめにして定義されたのが”メタボリックシンドローム”になります。

 

なぜこれらの危険因子がメタボリックシンドロームへと結びついていくのかについては多くの要因があります(例えば、遺伝的要素、環境、生活習慣など)。

 

運動は危険因子の状況を改善しますが、それは単なるカロリーの摂取と消費の問題ではなく、BMI30以上の人は、頻繁に空腹感を覚えます。

 

事実、標準範囲内であるBMI19.5~24の人に比べて、BMI30を超える人たちはより強く空腹感を覚えます。

 

インスリン抵抗性を有するクライアントへの安全への配慮(低血糖症(血糖値が70mg/dl以下)を起こした人は、血糖値が正常の範囲に戻るまでエクササイズを行ってはならない)

(さらに…)

骨密度にあたっての診断基準(骨粗鬆症という言葉は、子どもや青少年の場合は、BMDのZスコアが-2.0以下であり、かつ医学的に深刻な骨折歴がない場合は、「実年齢に対して低骨量である」という表現が推奨される)

2016.02.13 | Category: ヘルスケア

骨密度測定

骨粗鬆症の新たなガイドライン

2008年7月、International Society for Clinical Densitometry(ISCD:国際医療測定協会)によって、DXA法を用いた幼年期および思春期における骨粗鬆症の診断基準と、BMD値の解釈に関する新たなガイドラインが出されました。

 

小児科意見書では、この年代における低BMDは、実年齢に合わせて新たに確立された小児用(6~16歳用)基準データと比較して判断される(Zスコア)できと述べられています。

 

そして、「骨粗鬆症」という言葉は、子どもや青少年の場合は、BMDのZスコアが-2.0以下であり、かつ医学的に深刻な骨折歴がない場合は、「実年齢に対して低骨量である」という表現が推奨されています。

 

低エネルギー供給率が月経異常と骨密度に関係する(エネルギーの不足により、視床下部からGnRHが抑制され、LHの正常な血中濃度が撹乱されると、低エストロゲン状態になり最終的に、不規則な月経周期や、月経が停止する無月経に陥る)

(さらに…)

エクササイズによる高齢者の認知機能向上(エクササイズ量の多い人ほど、脳の前頭前野、頭頂葉、側頭葉における灰白質容積が大きく、脳梁の白質容積も大きい)

2016.02.06 | Category: ヘルスケア

高所トレーニングによるパフォーマンス向上(運動時の組織の低酸素環境と類似している)

加齢と認知機能

加齢に伴い、認知機能に障害をきたしたり、認知症やアルツハイマー病といった精神疾患の発症リスクが高まることは珍しくありません。

 

また加齢は多くの場合、脳容積の減少を伴うことが研究によって明らかになっており、中でも著しい減少がみられるのは、脳の前頭前皮質、側頭皮質、および頭頂皮質における白質と灰白質になります。

 

このような組織の変質は、認知機能の低下が観察されることと関連づけられており、なかでも著しい機能低下がみられるのは、実行制御の分野になります。

 

実行制御は、タスクの強調、計画、目標の維持、作業記憶、およびタスクの切り替えといった項目を含む分野になります。

 

加齢に伴い、すべての人に同じ速度で認知低下が起こるわけではなく、必ずしもすべての人に認知低下が起こるわけではありません。

 

スポーツで優秀な成績を収めるには大脳皮質の興奮水準を高める必要がある(大脳皮質をそれほど使わない人が大きな力を発揮することは生理学上は考えられない)

(さらに…)

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

2015.07.15 | Category: ヘルスケア

 

痛みの抑制

慢性痛に関わる遺伝子

研究により慢性痛の原因となる遺伝子を特定するに至り、これが持続性の背部痛を施術するための薬に結びつく可能性がある、と研究者らは述べています。

 

ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らが、HCN2遺伝子をマウスの痛覚神経(痛みを感じる神経)から除去したことを、サイエンス(科学誌)で報告しています。

 

しかし、HCN2遺伝子を除去すると慢性痛が止まったが、急性痛への影響はありませんでした。

 

英国では7人に約1人が、関節炎や頭痛などを含む慢性痛に罹患していると言い、今回の結果は、慢性痛を制御するHCN2遺伝子が産生するタンパク質を遮断するための新薬開発への可能性を広げるものである、と同研究者らは述べています。

 

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子は、何年も前から知られていますが、痛みを制御する役割については解明されていませんでした。

 

本研究では、同研究者らが痛覚神経からHCN2遺伝子を除去し、続いて、細胞培養でこれらの神経に電気刺激を用いて、HCN2を除去することにより、どのように変化するのかを判定するための試験を実施され、次に、マウスのHCN2遺伝子を欠失させ、この遺伝学的に改変したマウスを検討しました。

 

研究者らは、マウスが異なるタイプの疼痛性刺激を回避する速さを測定することによって、HCN2遺伝子の欠失により神経因性疼痛が消えることを結論づけました。

 

ただし、HCN2の欠失が、通常の急性痛、例えば突然自分の舌を噛んだときなどに生じる痛みには影響しないことを、同研究者らは明らかにした。

 

急性外傷受傷後の適切な処置RICE(皮膚温が10~15℃まで下がると、代謝は低下し、神経伝達が抑制されるために局所的な麻酔効果も期待でき、弾性ラップによる圧迫が皮膚温や深部温をより効果的に低下させる)

(さらに…)

肝臓疾患による死亡が糖尿病お客に多い(糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高い)

2015.07.10 | Category: ヘルスケア

 

肝臓疾患による死亡が糖尿病お客に多い

糖尿病お客は肝疾患による死亡率が高くなる

糖尿病者では、糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高いことが、新たな研究で示されました

 

糖尿病が、一部の肝疾患リスクを上昇させることは既に知られており、血糖コントロールが適切に行われないため、肝疾患リスクが上昇し、肝疾患は肝臓の瘢痕化(肝硬変)やがんにつながることもあります。

 

この研究は、エジンバラの研究者らが、35歳-84歳のお客における2007年までの6年間分の受付録を解析し、同研究者らは、肝疾患で死亡した糖尿病者1,267人と非糖尿病者10,100人を比較しました。

 

その結果、肝がんで死亡したのは、糖尿病者の4人に約1人(24%)であったのに対し、非糖尿病者では10人に1人(9%)であり、一方、アルコール性肝疾患による死亡は、糖尿病者(38%)と比べ、非糖尿病者(63%)で多くなりました。

 

糖尿病お客は、アルコールを飲み過ぎないように助言されているが、これはアルコールが血糖値に影響を与える可能性があることと、体重増加のリスクがあることからです。

 

糖尿病を有するアスリートに対する栄養指針(有酸素性トレーニングに先立ちレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされない)

(さらに…)

アスリートのパフォーマンス低下の主因となりうる免疫機能障害とオーバートレーニング症候群

2014.01.20 | Category: ヘルスケア

免疫

免疫機能障害

免疫機能障害はアスリートのパフォーマンス低下の主因となりうります。

 

現在、炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には「ホルミシス効果」(低用量では促進的に働く物質が高用量では逆に抑制的に働く用量依存的な関係)があると考えられます。

 

すなわち中強度のエクササイズは有益であるのに対して、長期間の高強度エクササイズは有害となる可能性があることを意味しています。

免疫機能とオーバートレーニング症候群(人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御(非特異的免疫)と適応防御(特異的免疫)という2つの主要な免疫系で成り立っている)

(さらに…)

中性脂肪(トリグリセリド)の増加とメタボリックシンドローム

2013.03.15 | Category: ヘルスケア

 中性脂肪(トリグリセリド)

トリグリセリド

トリグリセリド(中性脂肪)が、男性よりも女性における心血管疾患(CVD)リスクの重大な指標であるなら、LDL(低密度リポタンパク質)が正常値であっても施術すべきか??

 

性別に関わらずトリグリセリドの上昇が重大であり、特に高血圧、低HDL(高密度リポタンパク質)、耐糖能異常/糖尿病、中心性肥満(うち1つ以上)のようなメタボリックシンドロームの全般的指標が認められた場合は重要な指標になります。

毎日のタンパク質摂取量を補うために栄養補助食品を用いる場合には、(カゼインはホエイほどインスリン反応を引き起こさない)カゼインとホエイを両方含む補助食品を用いることには価値がある

(さらに…)