TEL

プライオメトリックストレーニングの漸進に関する留意点(筋-腱スティフネスに十分に配慮して、エクササイズを漸進させる必要がある) | Nakajima整骨院|横浜で野球,サッカーによる肩,肘,腰,膝,足のインディバ施術で評判

電話番号
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

プライオメトリックストレーニングの漸進に関する留意点(筋-腱スティフネスに十分に配慮して、エクササイズを漸進させる必要がある)

2019.03.24 | Category: プライオメトリックトレーニング

プライオメトリックストレーニングの漸進に関する留意点

プライオメトリックトレーニングの留意点

プライオメトリックストレーニングに関するこれらのすべての留意点により、筋-腱スティフネスに十分に配慮して、エクササイズを漸進させる必要があります。

 

スティフネスが高ければ、予備活性が増大し、その結果、筋は接地局面で一層効率的な方法で高衝撃の負荷に耐え、衝撃を吸収できます。

 

したがって、スポーツ選手の漸進は、より低強度で低速のドリルから開始し、次第により高強度で高速のエクササイズに進むように計画しなければなりません。

 

Lloydらは、青少年のプライオメトリックストレーニングに関して6段階の漸進モデルを解説しています。

若年アスリートにおける代替え的なパワー向上法の選択(プライオメトリックスでは大きな床反力が生じるため、プログラムへの適用は慎重に行わないと、短期的には過負荷による傷害を、長期的にはオーバーユースの問題を引き起こすおそれがあり、特に成長期のアスリートにおいてはその懸念が大きくなる)

(さらに…)

扁平足

2019.03.22 | Category: 足部疾患

偏平足

 

扁平足は何らかの原因によって足アーチ(特に縦アーチ)が低下・消失し、足底が扁平化した状態で、発症時期によって、小児期偏平足、成人期偏平足などに分けられます。

扁平足の分類

扁平足は足アーチ(特に縦アーチ)を形成・維持する骨や人体、筋のいずれかが障害されて生じます。

 

原因や発生時期により病態が異なります。

原因による分類

先天性偏平足:先天性垂直距骨を先天性偏平足とよぶ

 

麻痺性偏平足:脳性麻痺や二分脊椎などの疾患による筋麻痺や筋力低下で生じる

 

外傷性偏平足:骨折や脱臼、靭帯損傷により生じる

 

静力学的偏平足:荷重(立位)により生じる

 

その他の原因:後脛骨筋腱機能不全症(PTTD)、骨系統疾患、関節リウマチなど

発生時期による分類

小児期偏平足(幼児期偏平足):歩行開始後に気づかれる偏平足。多くは成長に伴って自然に足アーチが形成される。

 

思春期偏平足:小児期偏平足が思春期まで残存したもの。スポーツ活動に関連し、運動時痛や易疲労感が生じる。

 

成人期偏平足:加齢による腱の変性や体重増加などを背景に生じる。中年女性に好発し、原因としてPTTDが最も多い。

 

扁平足障害(過回内足障害)と内側縦アーチ

(さらに…)

肩鎖関節脱臼

2019.03.18 | Category: リハビリテーション

肩鎖関節脱臼

肩鎖関節脱臼は、肩鎖関節の安定化に関わる肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯が損傷することによって生じる脱臼です。

 

ラブビーや柔道などのコンタクトスポーツ時や交通事故で、肩を下にして転倒した際に受傷することが多いです。

病態

肩を下にして(内転位)転倒した際、肩峰の上方に外力が加わる(直達外力)ことによって、肩鎖靭帯、烏口鎖骨靭帯の損傷により鎖骨が転移します。

 

損傷程度によって捻挫(Ⅰ度)、亜脱臼(Ⅱ度)、脱臼(Ⅲ度)と分類されます。

 

捻挫(Ⅰ度):肩鎖関節の捻挫で、靭帯の損傷はない。

 

亜脱臼(Ⅱ度):肩鎖靭帯はきれているが、烏口鎖骨靭帯は切れていない。亜脱臼を呈する。

 

脱臼(Ⅲ度):肩鎖靭帯、烏口鎖骨靭帯ともに断裂し、鎖骨は上方に転位する。

症状・所見

患側は鎖骨遠位端の突出、疼痛、圧痛、腫脹、上腕の挙上運動制限などがみられます。

 

大抵は鎖骨の先端周囲の痛みであることが多いでが、ピンポイントに鎖骨の先端だけが痛いとは限らず、周辺の痛みを訴える方もいます。ピアノキーサインといって突出した鎖骨遠位端を押すと征服されますが、離すと再び浮き上がるという症状もみられます。

 

損傷度合いも大切ですが、鎖骨外端骨折との鑑別もとても重要となり、骨折の場合、腫脹、皮下出血斑が著明にみられます。

 

レジスタンストレーニングと肩鎖関節の傷害(鎖骨遠位の骨融解はいわゆる「ウェイトリフター肩」としても知られ、肩鎖関節の離開、肋軟骨下の疲労骨折、肩鎖関節を形成する鎖骨遠位における骨の融解などを特徴とする)

X線像

X線像では、損傷度合いによって鎖骨遠位端が肩峰より上方に転移している所見が認められます。

 

鎖骨外端骨折との鑑別も重要です。

治療

脱臼の程度により治療方法を選択します。

 

Ⅰ度、Ⅱ度の場合、保存療法(三角巾や、包帯、装具などでの固定)を適応として、。Ⅲは保存的治療でという意見と手術を勧める考えとがあります。

 

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

 

中島恵

 

引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P340




INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムの方向転換における注意すべき点(方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定プロセスに伴い増加する)

2019.03.17 | Category: トレーニング

統合的神経筋トレーニング)プログラムの方向転換における注意すべき点(方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定プロセスに伴い増加する)

INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムの方向転換における注意すべき点

INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムに関しては、速いスピードでの方向転換能力のトレーニングを行なう際、下肢のバイオメカニクスに特別な注意を払う必要があり、特にカッティング動作を行なう際の前額面での膝関節のバイオメカニクスのコントロールを誤ると、ACL(前十字靭帯)剪断などの傷害の主要リスクとなります。

 

方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定プロセスに伴い増加します。

 

予測不能なカッティング動作中の動的外反が通常男子よりも大きい思春期の女子では、この影響はさらに大きくなります。

 

膝を安定させる最も有効な活性化パターンは、ハムストリングスと大腿四頭筋が屈曲や伸展トルクを生み出す際に達成されることが示されています。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

(さらに…)

青少年のアジリティトレーニング(思春期直前の技術的能力が不足している子どもの場合、第一の焦点はFMSの発達に、第二の焦点はCODSとRATに置くべきとされている)

2019.03.10 | Category: スピード&アジリティ

青少年のアジリティトレーニング

青少年におけるアジリティトレーニング

青少年のアジリティトレーニングに関する科学的な研究の不足にもかかわらず、Lloydらは、最近、FMSと方向転換のスピード(CODS)および反応アジリティトレーニング(RAT:reaction agilit training)に基づいた技術的能力の各段階の漸進例を作成しました。

 

方向転換のスピードは、オープン様式で非計画的な反応的アジリティとは対照的なスキルであり、本質的にクローズド様式で事前に計画されたスキルであると考えられています。

サッカー選手のアジリティテスト(アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになる)

(さらに…)

コンパートメント症候群(区画症候群)

2019.03.09 | Category: リハビリテーション

コンパートメント症候群(区画症候群)

 

コンパートメント症候群は、前腕や下腿の筋区画(コンパートメント)の内圧が上昇し、手足がしびれたり痛くなったり、場合によっては手足の血行を阻害する病態です。

 

外傷などを原因とする急性コンパートメント症候群と、激しい運動を原因とする慢性コンパートメント症候群があります。

急性コンパートメント症候群

外傷や外固定による圧迫を契機に急激に発症するコンパートメント症候群です。

 

進行すると阻血性拘縮をきたし、重大な運動障害を残すため迅速な対応を要します。

要因

骨折などによる外傷性の筋肉内出血や浮腫によるもの。

 

外固定(ギプス、包帯)などによる長時間の圧迫によるものなどがあります。

(さらに…)

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

2019.03.03 | Category: トレーニング

青少年のスピードトレーニング

スピードの向上を図るには

スピードの向上に関しては、8~18歳の男性を対象として、スプリントタイムの様々なトレーニング方法が研究されています。

 

その結果、身長発育速度(Peak height velocity)がピーク前または中程度の参加者では、プライオメトリックトレーニングがスプリントタイムに対する効果が最も大きく、一方、身長発育速度がピークを過ぎた参加者では、統合的なトレーニング方法(スプリントとプライオメトリックスと筋力トレーニング)が最も効率的であったことが示されています。

 

しかし、著者は、これらの分野では知識が限られているため、様々なトレーニング方法の効果を定量化することは難しいと示唆しています。

スプリントスピードとは(スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力、すなわち伸張-短縮サイクルをうまく利用して、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力によって原則的に支配されている)

(さらに…)

足根管症候群

2019.02.27 | Category: リハビリテーション

足根管症候群

足根管症候群とは、足にしびれが生じる疾患です。

 

足根管症候群は、内くるぶしの近辺を走行する後脛骨神経と呼ばれる神経が圧迫されることを原因として発症する絞扼性神経障害です。

 

足根管症候群では、足の裏がじんじんする、しびれるなどの症状が見られます。

原因

ガングリオン、腫瘤、足根骨癒合症などの占拠性病変による圧迫が多いです。

 

その他の原因として腱鞘炎や外傷による腫脹、ギプス固定による圧迫などがあります。

病態

脛骨神経は足根管内で内側足底神経と外側足底神経、および踵骨枝に分岐するため、この部位での絞扼により足底全体の症状が生じます。

足根管とは

脛骨内果・距骨・踵骨と屈筋支帯で囲まれた管腔様の構造。

(さらに…)

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

2019.02.24 | Category: トレーニング

傷害リスクと漸進性の法則

傷害リスクとトレーニングの漸進

漸進性の原則に関連し、トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければなりません。

 

トレーニング負荷は、予め決定されたレップ数を一貫して正確に行うことができるようになった場合に、重量を5~10%ずつ増加させねばなりません。

 

さらに、トレーニングプログラムはそれぞれの参加者の要求や目標、さらに能力を考慮して織り込まなければなりません。

筋力およびパワーと速度との関係(最大走速度には大きな力発揮が必要とされることは広く認められており、そのため筋力およびパワートレーニングは、走速度を向上させる手段として推奨される)

(さらに…)

胸郭出口症候群

2019.02.21 | Category: リハビリテーション

胸郭出口症候群

胸郭出口部において、腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されることで、上肢の感覚障害や運動麻痺をきたす疾患です。

 

牽引型と圧迫型、混合型に分類されます。

 

①好発:首が長いなで肩の20~30歳代女性(牽引型)または、筋肉質の30歳代男性(圧迫型)で男女比は1:2~3です。

 

②上肢の疼痛、しびれ、だるさ、肩こり、握力低下などの感覚障害、運動麻痺があります。

 

③誘発テスト(アドソンテスト、ライトテスト、モーレイテスト)で陽性となります。

 

必要に応じて画像検査などをおこないます。

 

日常生活において、牽引型では荷物を手にぶら下げる姿勢や長時間の事務作業、圧迫型では上肢挙上位などにより症状が出現します。

 

なので、生活習慣の改善によって症状が軽減する場合も多くあります。

病態・症状

鎖骨、第1肋骨や周囲の筋肉によって形成される挙各出口部で、腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されることで発症します。

 

頸部の痛み、肩こり握力低下、巧緻運動障害、上肢の疼痛、しびれ、だるさなどの症状がみられます。

(さらに…)

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

2019.02.17 | Category: リハビリテーション

固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる

感覚運動と固有感覚

固有感覚系は感覚運動系の一部で、求心性と遠心性の信号が含まれ、機能的な関節安定性を保持する間の感覚運動制御を統合するパイプの役割を果たしています。

 

視覚的入力と前庭入力が競技パフォーマンスに貢献しますが、末梢の機械的重要器は通常最も傷害による影響を受けやすく、したがってトレーニング的観点最も改善が可能になります。

 

このレビューの目的は「様々な筋と関節組織の圧力、張力と長さの変化を検出することによって達成され、動的な関節安定性の維持に貢献する感覚運動の感度」と定義しています。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

(さらに…)

モートン病

2019.02.15 | Category: 足部疾患

モートン病

モートン病は、歩きすぎた後などに生じることがあり、特にきつめの靴を履いた時や、裸足で歩いて指が反り返った時や、コードを踏んだ時などに痛みが出たり、趾神経が深横中足靭帯により絞扼を受けて生じる絞扼性神経障害です。

 

20~50歳代の女性に好発します。

 

個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)に好発しやすく、しびれや、疼痛、灼熱痛などのさまざまな神経症状が出現します。

 

第3.4趾間の趾神経は、内・外足底神経が吻合していて、横径が太く可動性が小さいため、絞扼されやすいからです。

 

前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。

 

障害される部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。

 

また、痛みは強いことも少なくなく、時には、下腿まで及ぶことがあります。

原因

つま先側が細いハイヒールやスポーツシューズなどを長時間、日常的に履き続けることで発症してしまうといわれています。

 

中腰での作業、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。

 

生活様式などによるMP関節付近への負荷の増加が原因となります。

 

槌趾変形(マレット指)がある場合にも同様な姿勢で生じやすくなります。

足底の感度適応の重要性(足底面には感覚受容器が密集しているためにベアフット運動を増やすことによる感度適応が、ベアフットランニングプログラムへの移行の最初の要素になる)

症状

狭い靴を履くと疼痛が表れ、趾間の感覚障害、中足骨骨頭間の足底側に圧痛、歩行時痛、強制背屈時痛などがみられます。

 

「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状や、しびれや、幹部に塊があるような違和感を覚えることもあります。

 

趾神経が繰り返し絞扼を受けると、変形・肥厚し偽性神経腫(モートン神経腫)が形成されます。

治療

保存療法として、ストレッチ、運動時のストレスの軽減のため履物の調整として足に合った靴に買い替えインソールや足底装具の装用などをおこなうことが大切です。

 

偽性神経腫などで、保存療法の無効な場合、手術療法がおこなわれることもあります。

 

足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

 

引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P298、標準整形外科第8版P581

 

清田恵




筋力と筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

2019.02.08 | Category: リハビリテーション

筋力と筋力バランス

筋力不足

動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受けます。

 

能動的制限が損なわれると、傷害リスクが高まります。

 

筋力不足により神経筋コントロールが不十分になり、傷害の引き金となります。

 

研究によると、筋力不足は急性(ACL断裂やハムストリングスの肉離れ)と慢性(膝蓋大腿関関節疼痛症など)両方の下肢のスポーツ傷害に関連があります。

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

(さらに…)

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

2019.02.04 | Category: リハビリテーション

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

上腕部での圧迫や、上腕骨骨折のような外傷によって、橈骨神経が末梢神経損傷をきたしたものです。

 

「土曜夜の麻痺まひ」や「腕枕症候群」とも言われたり、アルコールを飲んで眠りこけてしまった場合などに発症することもあります。

原因

主な原因として、長時間の不良肢位での睡眠での圧迫、または上腕骨骨折やモンテギア骨折などの肘周辺の外傷後、ガングリオンなどの腫瘤、神経炎、筋肉の酷使、長時間の手術後などを原因として生じることが多いです。

病態

腋窩や上腕骨中央部の橈骨神経溝での圧迫などによって橈骨神経が障害され、麻痺が生じます。

 

母指・示指・中指の背側や、手背の橈側に軽度のしびれ、疼痛がみられます。

 

手関節の背側(伸展)障害、手指MP関節の伸展障害がみられ場合、橈骨神経麻痺(高位麻痺)を考えます。

 

傷害を受けると、ケガの部位により、いろいろな感覚の障害が起こります。

治療

保存療法として、日常生活指導、装具による関節固定などをおこない、手術療法は骨折部の転移が大きい場合や神経断裂がある場合におこいます。

 

また、関節の拘縮こうしゅく(関節可動域制限を起こした状態)を予防するためのリハビリテーションも大切です。

 

回復のスピードは個人差があり、1~3カ月を要します。

Tinelサイン

Tinelサイン(神経傷害部をたたくとその支配領域に疼痛が放散する)があれば傷害部位が確定できます。

 

知覚神経が傷害されていればTinelサインと感覚障害の範囲で傷害部の診断が可能です。

 

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したお客やローテーターカフに修復不能な損傷のあるお客のために考案された複雑な手術法である)

(さらに…)

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる)

2019.02.04 | Category: ケトルベル

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項

ケトルベルでの傷害リスク

KBトレーニングのために利用可能な多くの教育情報源の欠点として、ニュートラルではない脊椎(例えば、胸椎、頚椎または腰椎の過伸展など)でKBを実施していることが挙げられます。

 

エクササイズ中に腰椎を屈曲することは腰部の傷害リスクを高めます。

 

腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになります。

 

これは、KBをエクササイズ中の脊椎の自然な弯曲を保持することの重要性を意味しています。

 

スクワットエクササイズとコアエクササイズ(優れたアスリートを観察すると、パワーが股関節で発生し、剛性を高めたコアを通して伝達される)

(さらに…)